白いペンキを塗ること

もともとは茶色かった物を、よく白く塗り替えています。

例えば、これ…

ラティスです。


f0338156_18142310.jpg



元は、茶色のラティスでした。
近くのホームセンターで、一個千円。
白いラティスもあったのですが、何故か数百円をケチり、二千円で二個買ったのでした。
(白い方が高いのです)

ペタペタ、ペイントすればいいさ!ぐらいの軽い気持ちで始めたら、さあ、大変!!

下に新聞紙を敷き、茶色いラティスを置いて、白いペンキをペタペタ…ペタペタ…
職人さんではない、超ど素人の私。
白い塗料をあちこち落とすし、手や顔も真っ白。
(雨で落ちないように、ついたら落ちにくい塗料でした)



f0338156_18154097.jpg


格子の間も塗らなくてはいけなくて、どこから見ても、徹底して真っ白になるよう
必死で塗りました!
何度も、何度も、横から見たり、上から見たり、茶色が見えないように、完璧に!!
(ここらへんは絶対妥協しないAB型です。。笑)


所要時間は、一枚につき約一時間半。

…なんとか仕上がりました。。。


また、以前は、こんなものも塗っていました。


f0338156_18144521.jpg


そうそう、物入れです。ふたが上に開きます。

これも茶色でした。
これも当然真っ白に塗りました。

そもそもは、これを白くペイントしたことから、私の『白く塗り塗り病』は始まったのです。。

何度もくじけそうになり、泣きそうになった物入れ。
塗っても塗っても、なかなか減らない茶色い部分…
辛くなって、、、
やめようか、うん、やめた方が楽だ!!と何度も思いました。


…でも、途中でやめると、白と茶色のまだらになってしまいます。
まだらは絶対イヤなのです。
真っ白にしたいのです。

小筆で、すき間を塗り、大筆で、全体を塗り…
何度も、何度も、上から見たり、下から見たり、横から見たり。。


結局、最後までやり通しました。物入れは、二時間半かかりました。


でも、自分のしたいようにしたせいか、疲れたものの、出来上がったものを見ると、
気持ちが、とてもスッキリしていました。

もう二年以上経ちますが、塗って良かったなぁ、と物入れを見る度、しみじみ思うのです。。

(そろそろ白いペンキがはげてきている所があるので、また塗らなくては!と思っているこの頃です。。笑)



[PR]
# by larosebleue | 2014-05-07 19:05 | 日々のこと | Comments(0)

黄色系の薔薇が続きます。(笑)

今度は、‘スヴェニール・ドゥ・アンネ・フランク’。
フレンチでもイングリッシュでもありません。
ベルギーの薔薇です。


f0338156_16311447.jpg

1960年/ベルギー/Delforge作出。

別名、‘アンネのバラ’とも云われます。
悲劇の少女アンネ・フランクに捧げられた薔薇です。

花色は明るいオレンジ。半剣弁抱え咲き。咲き進むにつれ、赤みが増す。
フロリバンダで、房咲き。四季咲き性が強く、秋にもしっかり花をつけます。


f0338156_16320933.jpg
我が家では、梅の木の真下なので、大きく、そして高くさせることが出来ず、
毎年の剪定でバッサリ切るせいか、あまり大きくありません。

…とは言っても、縦・横1.5mくらいはあるでしょうか。。。



f0338156_16314440.jpg

花数も多く、東側の庭の中心位置に、ブルームーンと共に、10年前に植えた薔薇。。。

ブルームーンと一緒に、10年の庭の歴史を見てきた薔薇です。(最初は日本風の庭でした)
これからも、長生きして、元気でいてね。。。

10年間どうもありがとう。。。感謝を込めて。。。




[PR]
# by larosebleue | 2014-05-06 16:53 | その他の薔薇 | Comments(0)

フレンチローズの‘ポール・セザンヌ’です。

今、こんな感じで咲いてます。


f0338156_16075014.jpg

以前にもお話したように、花の重みで垂れ下がります。
これが、とても残念なのです。

せっかくの美人さんなのに…。
ほとんど全てうつむいています。


f0338156_16081701.jpg

しかし、明るい黄色ですね~。
ピンクが入るので、ますます明るい!

上の写真はこれから満開になる直前です。

でも…
明るい黄色も、咲き進むに従い、次第に退色していきます。。。


f0338156_16084030.jpg

薄い黄色とピンクになります。



退色しても、やはり美しい薔薇です。。。

[PR]
# by larosebleue | 2014-05-06 16:17 | デルバール(フランス) | Comments(0)