<   2015年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ミリオンを使う


以前からずっと使っているミリオンです。
珪酸塩白土(けいさんえんはくど)で、
秋田県横手市の八沢木地域一帯で産出される天然の粘土鉱物です。
これは、土壌改良剤として、土に混ぜたり、
活着をよくするため、直接、根にまぶしたり、
水に混ぜて散布したり、いろいろな使い方があります。

f0338156_19404723.jpg



ハイフレッシュも欲しかったのですが、
こちらでは、なかなか売ってなくて、
HCや園芸店ですぐに手に入るミリオンの方をよく使っています。
詳しくはわからないのですが、成分的には同じものだと思います。
粒の大きさの違い???
ミリオンは、小粒~粉末状。ハイフレッシュは、それより、もっと粉末。。微粉末です。
ハイフレッシュを水に溶かして、水やりの時に与えると、
ミネラル補給ができ、元気な株に育ちます。

挿し木にもよく使われて、効果を上げているようですが、
私は挿し木をしないので、よくわかりません。。。

用土に、ミリオンを1割程度混ぜて使うと、発芽・発根・根張り・生育が良くなるなど
優れた効果があり、また根腐れ防止にもなります。

また、活力素として、古くから使われている有名なメネデールもそうですが、
ミリオンも、ずっと使われてきたものなので
実績があり、信頼出来る資材だと思い、安心して使っています。

大きさもいろいろありますが、
いつも使うのは、このサイズ。
1kg入りです。お店によって違うかもしれませんが、
500円くらいなので、お手頃価格です。


薔薇を地植えする時は、いろいろとすることが多くて、大変です。
このような資材を混ぜて、土壌を改良したり、肥料を混ぜ込んだり、
病気や害虫予防をしたり…

でも一番大変なのは、穴を掘ったら、石がごろごろ出てきて、石を掘り出す時。
うんとこしょ、どっこいしょ…!!
大きな石が埋まっている時があって、なかなか出てこない。
ガリガリ、ゴリゴリ…スコップでひたすら掘り続けます。
手と腰が痛くて、もう大変!!笑



[PR]
by larosebleue | 2015-03-20 07:55 | 薔薇のお手入れ | Comments(4)

f0338156_12314550.jpg




薔薇ばっかりだった単純な庭に、クレマチスが仲間入りしました。
デビューに選んだのは、八重系の‘ジョセフィーヌ’。
本当は、‘白万重’を、と思っていたけど、残念!売り切れでした。
だから、二番目の候補だったこの品種にしたのです。



f0338156_12344290.jpg



はっきり言って、クレマチスは全くわかりません…
未知の世界です…笑
はて、これから、どうしたらよいものか…
購入した当初は、茶色い茎だけ。
えっ、これ枯れてるの???って思いました…笑

うまく育つかなぁ。。。
不安いっぱいのスタートなのでした。
クレマチスに詳しい皆さま、どうか教えて下さいね!

(‘ジョセフィーヌ’という名前を聞いて、マルメゾンのジョセフィーヌ皇妃を
思い浮かべるのは、ロザリアンですよね~☆)


[PR]
by larosebleue | 2015-03-17 08:10 | クレマチス | Comments(18)

バイオゴールドを使って

強い薔薇に育てたくて、
気になっていた資材です。

薔薇は、本来、水だけでも生きられますが、
もっと綺麗に咲かせたい、もっと健康に咲かせたいと思う時、
良質の栄養分が必要になってきます。
土の中にも多少の養分は含まれていますが、薔薇の健やかな生育には足りません。
その足りない分を補うのが、肥料です。
強く育った薔薇は、健康で、病気にも負けないのです。
また、薔薇が弱っている時、新陳代謝を活発にし、抵抗力をつけるのが活性液。
薔薇に元気を与えます。

天然素材を使っているタクトのバイオゴールドシリーズは、
以前から、時々、試験的に使っていましたが、
効果が期待できそうなので、今年から、本格的に使う事になりました。
このシリーズは、私の大好きな後藤みどりさんも使われていて、
みどりさんお薦めの資材ということもあり、今年から本格導入となりました。


根・土壌を集中的に活性させる『バイタルV-RNA』です。
元気な根を張らしたいので、使ってます。
とっても小さいから(80cc)、すぐに無くなってしまいます。
おまけに希釈が300倍。(1000倍だと、もっと持つのになぁ)
あっという間でしょう…笑
もっと大きいのが欲しい。(大きいサイズもありますよ)


f0338156_16060771.jpg



根に働きかけて、シュートの発生を促し、
これからの春の開花に向けて、パワーをつけさせます。


葉を強くするために、こちらも使っています。
『バイタル』です。
(もちろん葉だけでなく、株全体の活性化に使えます)
こちらも希釈が300倍ですが、薄めにして、普段の水やり時に、時々散布すると
健康的な薔薇に育つと思います。
霧吹きで、直接散布すると、より効果的ですよ。


f0338156_16062573.jpg



あと、追肥用の液体肥料として、『ヴィコント』をもうじき使い始めます。
こちらは、花のクオリティーを高めます。

画像はありませんが、冬の寒肥には、『クラシック元肥』を使いました。
濃いグリーンの袋に入っています。
天然素材が原料なので、安心ですね。
土の中の有効菌を増やし、土壌を活性化させます。

良いと思われるものを取り入れながら、
これからも、いろいろ試していきたいと思います。
病気に負けない、強い薔薇に育てること。
難しいけれど、いつか叶えたい目標です。







[PR]
by larosebleue | 2015-03-16 07:07 | 薔薇のお手入れ | Comments(8)

せとかの季節


待ちに待っていた『せとか』の時期になりました。
せとかの旬は、2月上旬~3月下旬。
柑橘類の大トロと呼ばれているこのみかんは、
糖度が高く、皮はうすいし、甘くて、とっても美味しいです。
希少品種のためか、初めて食べた時は、一個が500円しました!
今回のは、二個で600円でした。(一個300円ですね)
以前と比べると、安くなったなぁ~
きっとたくさん作られるようになったんだね。
産地は、愛媛などがありますが、今回は和歌山産。



f0338156_10273295.jpg




画像では一個しか写っていません。
だって、もう一個は食べちゃったから…笑
食べやすくて、甘くって、ついつい食べ過ぎてしまうせとか。
旬の今のうちに、いっぱい食べとこうっと!



[PR]
by larosebleue | 2015-03-15 10:38 | 美味しいもの | Comments(6)

f0338156_19371824.jpg



イングリッシュローズの‘ゴールデン・セレブレーション’です。
去年の5月の一番花の写真です。

荘厳な薔薇と称されるように、大型で堂々と、
高貴な雰囲気で咲く、とても美しい品種です。
樹勢も強く、強健で、育てやすいと思います。
系統はシュラブ。
よく伸びるので、つる薔薇として使えます。
ただ、大型シュラブのため、広い場所が要ります。。
とうてい、小さな鉢に納まる筈もなく、こんな感じでぎゅうぎゅう…笑
もし、鉢で育てるなら、大きめの鉢で。


花も重くて、下を向きやすいので、大きなパーゴラかアーチに誘引し、
下から見上げるようにすれば、
この薔薇の素晴らしい特長を生かせるでしょう。。


香りは、濃厚なティー系。甘~い香りがします。
この薔薇は、イングリッシュローズ同志の交配です。
片方の交配親が、有名なアブラハム・ダービーなので、
親の特長を引き継ぎ、素晴らしい薔薇へ成長します。
南オーストラリアバラ協会のコンテストでは、最高位をとりました。




[PR]
by larosebleue | 2015-03-14 11:14 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(8)

代理出席



f0338156_19503261.jpg



今日は、ある会合があって、社長が所用で不在のため、
急きょ、私が代理で出席することに。。。

普段、社内でも、地味に動いている私にとって、
こういう人の集まる‘表’の場所は苦手…

時間通り、会が進行していき、それぞれ自己紹介をすることになりました。
女性は私一人だけ。(えっ!!)
慣れてないので、とっても恥ずかしかったですが、無事に終わりました。
(し~んとして、皆さんがこっちを向くので、恥ずかしかった~)

こういう場所にも少しづつ慣れていかないといけないけど、なかなかね~
やっぱりPC相手に、ひっそりと仕事をしている方が、私には向いてるなぁ。

最後は、一斉に名刺交換。
圧巻の光景でした。
だって、大勢のスーツ姿の皆さん、同じ動きで、全く同じことしてる…笑
挨拶をして、名刺を交換して、また挨拶をして…
コピーしているみたい。
なるほど、これが、ビジネスの世界ね~
ふ~ん。。。

私にはやっぱり向いてないなぁ…はい(笑)


(写真とはまったく関係のない記事ですみません。
薔薇は、‘アブラハム・ダービー’でした)






[PR]
by larosebleue | 2015-03-13 00:20 | 日々のこと | Comments(2)

f0338156_21212414.jpg




フレンチローズのデルバール作出‘シャンテ・ロゼ・ミサト’です。
夕方撮影したので、少し暗いですが、昨年の一番花(5月)の様子です。
フランスでは、‘スール・エマニエル’(英語では‘シスター・エマニエル’)と呼ばれ、
教育や貧困に尽力したエマニエルさんに捧げられています。

コロコロ巻き巻きの可愛らしい花が、濃い緑色の葉に映えて、びっしりと咲いています。
とても花つきの良い優秀な品種だと思います。


大好きな薔薇ですが、直立にビューンと伸び、上の方にばかり花がつくので、
バランス良く咲かなくて、少々扱いづらい時もあります。
(‘ナエマ’も同じような悩みがあります)
でも、咲くと、とっても可愛いですよ。

ずっと鉢植えでしたが、もう大きくなったし、鉢ではぎゅうぎゅうになってきました。
今年は思い切って鉢から出し、南の庭に地植えしてみました。
お隣には、‘ギー・サヴォア’や‘ラ・ローズ・ドゥ・モリナール’がいます。
同じデルバール同志、仲良く育ってね~☆


[PR]
by larosebleue | 2015-03-12 00:54 | デルバール(フランス) | Comments(12)

f0338156_19351845.jpg




名前のわからないミニ薔薇の一番花(5月)の様子です。
オレンジ色を中心とした華やかな薔薇です。

冬剪定時、短く切り詰めていましたが、先日から、つぼみをつけてきました。



f0338156_07572769.jpg




我が家の庭の薔薇たちの中で、一番早いです。



f0338156_23231312.jpg




早く咲かないかなぁ…♡





[PR]
by larosebleue | 2015-03-12 00:35 | その他の薔薇 | Comments(0)


庭の薔薇たちに、水やりをする時の必需品。
マジックホースです。
(去年もご紹介しましたね)
我が家の庭では、東と西に1台づつセットしています。
これを愛用して、もう数年が経ちますが、
使い過ぎて壊れてしまい、時々買い換えています。
今回もほら…
見事にシュパー!!!
水圧で抜けました…苦笑


f0338156_00492081.jpg



もしかして直るのかもしれませんが、直し方をしらないので、
私では修復不可能と判断し、
高価なものではないので、さっさと買い換えています。
今回はいつものものより長いものにし、
庭全体をカバーできる長さのホースにしました。
ドライバーさえあれば簡単にセットできるので、
不器用な私でも簡単につけれます。

このマジックホース、長さが三倍に伸びるので、
もとは7mなのですが、21mに伸びていきます。

f0338156_00530011.jpg



このしわしわが、びゅ~んと張って、長く伸びるのです。
そして手で持っても軽い。

後片付けもとても楽です。
水道を止め、中に貯まっている水を抜くと、しゅるしゅると元に戻ってきます。
(まあ、なんてお利口さんなのでしょう!)

あとは、このデルバールの青いプラ鉢(マジックホースにピッタリサイズ)に入れて、
片づけ完了~


f0338156_00565875.jpg



とっても楽ちんなのでした♪


[PR]
by larosebleue | 2015-03-10 07:21 | 薔薇のお手入れ | Comments(12)

ミルフル


紫が続きます…笑

玄関の寄せ植えに、ミルフルを植えています。
ミルフルは、フリル咲きのスミレです。
華やかでカラフル、寒い冬でもつぎつぎ花を咲かせます。


f0338156_22552801.jpg



毎年、ミルフルが園芸店に並ぶと、
ワクワクして、今年は何色にしようかなぁ…なんて☆
後ろの黄色もミルフルです。



f0338156_22595171.jpg



フリフリで、ミルフルってやっぱり可愛いなぁ。。。



[PR]
by larosebleue | 2015-03-09 00:10 | 宿根草・ハーブ・その他 | Comments(4)