人気ブログランキング |

カテゴリ:メイアン(フランス)( 34 )


これは、‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’です。
2003年/フランス/メイアン作出。
アンティークタッチの薔薇です。
樹形はシュラブ。ほどよく伸びるので、
オベリスクなどに絡ませると良いと思います。



f0338156_16464759.jpg




色がピンクの‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’もありますね!
春は、こっちの方が、たくさん花をつけてくれました。
でもピンクは、返り咲きなので、秋はあまり咲きません。
ポツポツでしょうか。

秋、よく咲くのは、こちらのレッドです。
気がつけば、ずっと春から咲いています。
秋からは、花数が減りましたが、
四季咲きなので、よく咲いてくれます。



f0338156_16470551.jpg





f0338156_16472572.jpg



これも、植えてもう何年にもなりますが、
そろそろ鉢が手狭になってきて、窮屈そうです。
ちょうど、玄関の大きな鉢が空いたので、そこにお引っ越しをしました。



f0338156_23335188.jpg




ここは、塀の横だし、風も凌げる。南向きだから、日光はバッチリ☆
薔薇は、太陽がとっても好きです。

ここが気に入ってくれるといいなぁ。





by larosebleue | 2014-12-26 07:58 | メイアン(フランス) | Comments(2)


秋の‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’が咲きました。



f0338156_00301388.jpg




色はクリムゾンレッド。(春は、ピンクがかった赤でした)






f0338156_00303669.jpg




2003年/フランス/メイアン作出
ピンクの‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’もありますが、
返り咲きです。我が家では、この秋、ほとんど咲きませんでした。
こちらの‘レッド’は、春よりは少ないですが、秋も咲いてます。
…というか、夏も咲いていました。
という事は、春~夏~秋まで咲くという事???
よく咲く薔薇~☆


f0338156_00302594.jpg




秋は、深い赤色で咲いてくれました。
この色が好きです❤

花びらが固めなので、雨の日も傷みにくいです。
香りはあまりありませんが、枝が柔らかく、何かに這わせると
とても素敵な景観を作ってくれる薔薇です。

この薔薇は、今の鉢が小さく、窮屈になってきたので、
新しい鉢へ引っ越しする予定。

華やかなので、オベリスクに仕立てて、玄関で咲かせようと思います。



by larosebleue | 2014-11-24 14:35 | メイアン(フランス) | Comments(8)


‘オレンジ・メイアンディナ’です。
フランスのメイアン作出。
よく見かける品種なので、有名ですね。


f0338156_08342398.jpg



オレンジと名前がついていますが、実際は朱色。
とても鮮やかな薔薇です。
多花性で、たくさん咲くので、まとめて植えたら見事だと思います。

この薔薇はおもしろく、系統や作出年が、本によってバラバラ。
系統は、ミニチュア(Min)とされたり、ミニフローラ(MinFl)とされたり、
また、パティオ(少し大きめのミニチュア)とされたり…
一体、どれなの~?

ミニフローラ(MinFl)は世界バラ会連合(WFRS)により
近年、新たに設けられた系統です。まだ一般的ではありません。
ミニバラとフロリバンダの中間的なバラが入ります。
多分‘オレンジ・メイアンディナ’はMinFlに入ると思われます。


また作出年は、1982年となってるものや、1979年となっているもの…ん??

あれ?交配親もバラバラ…

いったいどれが本当なのでしょう(笑)


f0338156_09075600.jpg




この薔薇も、我が家の庭では、もう古株です。
何年、いることやら。
フレンチローズやイングリッシュローズのように記録しないで、
迎えた年もはっきりせず、いつの間にか植えていた感じ(笑)
そうなんです、ミニバラって、いつの間にかいるんですよね~

でも、強いんですよ。
小さい葉は、黒点病にかかりやすく、黄色くなって落葉します。
あとハダニが多いです。
でもまた復活。たくましい薔薇です。
ミニ系の剪定は、込み合っている枝を切り、けっこう短めに切っています。
節間が短く、芽の位置を確認しなくても、十分咲きます。
風通しよく、すっきりとした枝にしてあげると
病気も、少し、ましな気がするのです。

春と秋に楽しめるミニ薔薇です。
ミニ薔薇にしては樹高が高く、1mくらいあります。横張性で、枝は暴れます(笑)

四季咲きで、花径は3~4cm。小さい小輪の房咲きとなります。
香りはほとんどありません。






by larosebleue | 2014-11-09 10:06 | メイアン(フランス) | Comments(2)


ほふくする薔薇‘マジック・メイディランド’です。
フランスのメイアン作出。
ピンク色の小さい花がいっぱい咲きます。



f0338156_23363214.jpg



樹勢がかなり強く、どんどん枝を四方へ伸ばしていき、
暴れ過ぎて、困っています…
さて、どうしたものか…
アンジェラが2鉢あるから、ここに移植して、
フェンスかオベリスクに仕立てようか…
でも、アンジェラは大きくなりすぎるしなぁ…
どうしよう。
ちょっと、スコップで掘れるか、試してみよう!
えいっ、えいっ。。
びくともしません(T_T)
すっかり根付いてしまったようです。
この場所が気にいったみたい。離れたくないようです。
しょうがないなぁ。。
じゃあ、フェンスを立てて、絡ませていこう。


f0338156_14423276.jpg



非常に強い薔薇です。
枝がところどころ折れて、皮ひとつでつながっているようなところでも
葉も生き生き、先にどんどん伸ばしていきます。
葉が込み合っているので、ハサミでチョキン!
カット!カット!
おもしろいですね、薔薇のカットって(笑)




f0338156_14453873.jpg



はい、誘引おしまい~
こんな感じに止めました。

ゆったりS字カーブです^^
かなり、スッキリしましたね。



f0338156_14485547.jpg


誘引の最中、暴れて暴れて…
もう大変でした。
手は、引っかき傷だらけ…(T_T)
でも、まとめられて、良かった!

秋はどうやら咲かない様子…
来年の春に期待します~!(^^)!






by larosebleue | 2014-11-01 00:15 | メイアン(フランス) | Comments(2)



桃が続きます(笑)

でも果物の桃ではありません。
メイアンの‘ピーチ・ドリフト’です。
(直訳すると、桃のドリフト…そのままでした!)



f0338156_14235710.jpg


f0338156_14233999.jpg


こういう可愛らしいミニ薔薇も大好きですね~
完全な八重の薔薇ではなく、花の形はいたってシンプル。一重~半八重あたり。
小さい小さいミニ薔薇です。
ドリフトシリーズは、黒点病に耐病性があり、
我が家の2本はかかっていません。
強いので、お薦めですよ!
もう1本は、‘アプリコット・ドリフト’。
私的には、アプリコットの方がもっと好きです。


ジニアも元気に咲いています。


f0338156_14271075.jpg

ジニアと千日紅です。
濃いピンクの色と形が可愛い♡
ジニアも白いので、涼しく感じるかな…


萩も、
もさもさしてきましたよ。


f0338156_14272961.jpg


時々、カットするのですが、どんどん伸びてきます。
黄緑~緑のグラデーションですね!
葉っぱの形が可愛いです。
こちらも、涼しさを届けてくれます。







by larosebleue | 2014-08-02 14:39 | メイアン(フランス) | Comments(2)



‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’です。
7/19に『レッドはこんな色ですよ~』とお伝えしてから、
まだ、あのまま咲き続けています。

この薔薇って、いったい…



f0338156_19554386.jpg


先日と同じ場所の同じ薔薇です。
少し大きくなりましたか…

メイアン作出のフレンチローズ。
花弁も葉っぱもしっかりしています。
少々、虫に食べられても平気みたい。。。
そうそう、そのタフさが大事!
さすが、メイアン。


f0338156_19560580.jpg


鮮やかで、艶のある赤色です。
夏なのに、なかなか散りません。
水やりは、出勤前と帰宅後の一日2回。
たっぷりあげます。(例のマジックホースで…笑)

房咲きで、大きな花ではありませんが、夏にもしっかり咲いています。
丈夫です。
いかがでしょう.。o○


by larosebleue | 2014-07-24 20:09 | メイアン(フランス) | Comments(2)



今頃になって(7/19今日です)、
‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’が
本来の色になってきました。




f0338156_12373535.jpg


そうそう、この色なのですよ、この薔薇は。
今春からたくさん咲いたのを見てきましたが、どれも少し違う…
ローズピンクみたいな色になってしまう…。

本当はこの赤ですよ~
ピンクではない、この薔薇はレッドなのですから…
クリムゾンレッドという赤色です。(大人の赤)

‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’
フレンチローズ メイアン作出の赤バージョンの‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’です。

ピンク色の‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’は
6/3の記事『スタンダード仕立てのレオナルド・ダ・ヴィンチ』で
満開の様子をご紹介していますよ。
ぜひ、ご覧くださいませ~
こちらのピンクバージョンもかなり可愛い!!

丈夫で、葉は照り葉でよく茂り、健康的な薔薇です。
アンティークタッチの薔薇がお好きな方にお薦め。

うちは、ピンクを含めると、合計4本ありますね(多!!)
それだけ好きなフレンチローズなのです♡


by larosebleue | 2014-07-19 13:05 | メイアン(フランス) | Comments(2)



メイアン作出の‘マジック・メイディランド’です。


f0338156_23325815.jpg



今年の春に植えたばかり…
庭の、この半円形の場所に、何か合う薔薇はないかと探していました。

いつもなら、ヴィオラやマーガレットなどを植えてるのですが、
今年は、薔薇を植えてみよう!と思い、こちらの品種にしたのでした。

メイアン社の薔薇なら信用できるし、花も綺麗。そして、なにより強い。
これが決め手でした。


しかしながら、何も下調べせずに、今回は即買いしたので、
この薔薇の性質を、全く知りませんでした…


この薔薇は、
実は、かなりほふく性…
ほふく性とは、這うように咲くこと。

見て下さい。。


f0338156_23363214.jpg



こんな風に、どんどん自由に伸びまわってます…
いいのか悪いのか…

このスペースでは、たぶん全然足りない…
いや、全く無理だ…

こう直感しました…



f0338156_23341356.jpg


う~ん…
どうしよう…
困った…
もう定植したし、今から移植できないし…


困った、困ったと
悶々と、今も悩み続けるこの頃なのでした…



by larosebleue | 2014-06-29 23:54 | メイアン(フランス) | Comments(4)



メイアンの‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’です。



f0338156_21094952.jpg



2003年/フランス/メイアン作出
フレンチローズです。


花色は、クリムゾンレッド~ピンクがかった赤。
中輪で、微香。
系統は、Fl フロリバンダ。
四季咲きで、繰り返しよく咲きます。
小さめの葉は、緑の照り葉で、丈夫です。
シュラブ樹形で、1.5mほどに伸びます。
我が家では、鉢植えで、開帳型のフェンス仕立てです。
真っ白い鉢に植えているので、赤い花と緑の照り葉がよく映えます。



f0338156_21102947.jpg



赤というより、今年は、ピンクに近い。
土の関係か、または気候の関係か…

たくさん房になって咲き、大変華やかな薔薇です。

ドイツ国際コンクール、ADR受賞の薔薇。

‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’
耐病性もあり、強い薔薇です。

我が家は、ピンクの‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’が3本。
(2本はFLなのでそのまま。もう1本はスタンダード仕立て)
赤の‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’が1本。
合わせて、4本もありました~
みんな、元気~
多分、かなり樹勢が強いとみた…!(笑)




by larosebleue | 2014-06-22 21:27 | メイアン(フランス) | Comments(4)


先日、スッキリと切る前の、‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’です。

満開になっていたので、写真を残したくて…。



f0338156_22420205.jpg



緑のひものようなものがありますが、スタンダード仕立てのこの薔薇は、
形をキープするため、このように引っぱっています。まあ、矯正みたいなものです。。。
(もう片方は、今、直し中)


f0338156_22431933.jpg



この薔薇は、花弁がしっかりしているので、少々の雨でも傷みませんし、花もちも良い方です。

スタンダード仕立てをキープするために、樹を真っ直ぐに立て(添え棒をしています)、
脇から時々出ようとする芽を取り、何も出てこないように、スッキリと伸ばすのです。
枝は横に拡げるように引っぱって。

はい、完成♡

花の重みで、少々しなり気味ですが、今年もたくさん咲きました~(ぱちぱち)



f0338156_22455835.jpg



…切っちゃったので、今日は、もう花はありません…(涙(T_T))









by larosebleue | 2014-06-03 23:08 | メイアン(フランス) | Comments(4)