秋の‘グリマルディ’

1999年モンザ国際バラコンクール銀賞受賞の
華やかな薔薇です。
‘グリマルディ’


f0338156_12391354.jpg



1999年/フランス/デルバール作出。
フレンチローズ。
シリーズは、ローズ・ドゥ・ペーントゥル(画家シリーズ)
オレンジとクリームの絞りです。
ヒラヒラと波打つ花弁は、抱え咲きという咲き方。
色といい、形といい、個性的な薔薇ですね。



f0338156_12394249.jpg



去年も思ったのですが、この薔薇って、
写真写りが悪いんです。
どうしても、色が綺麗に出ないんです。
オレンジとクリームって難しいのかなぁ。。。
実物は、オレンジとクリームがけっこうくっきりと解るんですが、
写真となるとはっきりしませんね。
ぼやけてる感じ…


f0338156_12401213.jpg



香りは、レモンとローズ。
中香で、香りはあまり強くないです。
四季咲きで、春も秋も咲きます。
1m×0.8mのシュラブで、樹勢も強く、育てやすいです。
耐病性(特にうどん粉病に強い)もありますね。
耐暑性に優れているので、暖地向きだと思います。
春、たくさん咲くと、明るく、とても華やかなので、
玄関に向いてると思います。

名前の由来は、画家ピカソのアトリエだった
フランス南部の都市アンティーブにある
グリマルディ城(ピカソ美術館)より。





[PR]
Commented by mme rose at 2015-11-12 16:28 x
la roseさん

グリマルディ、 絞りが心地好く 良い薔薇ですね!
アンティ−ブ岬にあるこのグリマルディ城、素敵な所でしたよ。
そしてこのグリマルディとともに記憶があるのは、<Pizza>です。 石釜で焼いたピザが美味しくて 子供たちも大喜び♡ どうも食いしん坊一家は思い出はいつも食べ物とともにですね。
Commented by larosebleue at 2015-11-12 19:40
✿mme roseさん✿
そうですね~
思い出は食べ物と共に…
我が家も一緒ですよ~
美味しいものには目がないので…笑
先日、息子にアマンディーヌを送ったら
喜んでくれました。甘いものには目がありませんからね。
このグリマルディは、ホント素敵なんです❤
mme roseさんもきっとお好きなはず^^
オレンジ色が明るく、フランスの薔薇は
やっぱりどことなくお洒落ですよね!
by larosebleue | 2015-11-08 12:58 | デルバール(フランス) | Comments(2)