冬の‘スピリット・オブ・フリーダム’


今日は、昨日より暖かく、午後三時で、ちょうど10℃でした。
昨日より、ずっと過ごしやすいですね。

イングリッシュローズの‘スピリット・オブ・フリーダム’に、
今にも咲きそうなつぼみが2個ついています。
さて、切るべきか、咲かせてしまうべきか…笑


f0338156_15254362.jpg



実は、切り花として切る場合、切るタイミングというものがあります。
いつ切っても良いわけではありません。
見る場所は、『がく』です。花のすぐ下の、緑の部分です。
『がく』が下を向くと、切ってもいいですよ、の合図。
この薔薇の場合、まだまだ上を向いていますね。
つぼみですし、本当は、切るタイミングではありません。
でも、もう寒いし、休眠を薔薇に知らせないと、
いつまでも、だらだら咲いてしまいますね。
たぶん、もうすぐ切ってしまうかもしれません。
株の負担を軽くし、薔薇をしっかり休ませましょう。


f0338156_15591174.jpg


‘スピリット・オブ・フリーダム’は、
先日、土替えを終えていますが、株元はこんな感じです。
ベーサルシュート(株元から出る大事なシュート)も順調に出て、
枝はぐんぐんと、上に伸びています。



f0338156_15592756.jpg


病気もなく、生育にも問題なさそうです。
葉も、黒点がなく、健康的です。
性質が強いのかもしれませんね。
こういう品種を選ぶと、楽です(笑)



f0338156_15594299.jpg


この薔薇、咲くと、やわらかく、ふわふわです。
(花びらの数は、イングリッシュの中でも最高ランクの200枚!!)

小さめのつるバラとしても育てることができます。(1.5~3mくらい)
香りは、フルーティーなミルラ香。香りも良し❤
とっても綺麗な薔薇なので、お薦めです。







[PR]
by larosebleue | 2014-12-23 16:26 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)