‘コンテス・ドゥ・セギュール’



デルバールの‘コンテス・ドゥ・セギュール’が満開です。。。



f0338156_21143734.jpg




愛らしいピンク色で、繰り返し咲き。

花の重みで垂れ下がるほど、とても花つきの良い薔薇です。



f0338156_21130422.jpg



1994年/フランス/デルバール作出。
ピンク色の花弁の数は100枚以上あり、幾重にも重なる美しいロゼット咲き。
とても魅力のある薔薇です。


f0338156_21151172.jpg



樹形はシュラブで、我が家では、表玄関横に2本並べて植えています。
丈夫で、大きく育ちます。

前に、肥料は、ほとんどイングリッシュ用の『ローズフード』を使っていると書きましたが、
一部の薔薇には、違う種類のものを使っています。

それが、この‘コンテス・ドゥ・セギュール’です。

デルバール作出ということもあり、
この薔薇だけ、『特選有機濃い肥料』を使っています。
青いパッケージで、デルバールさん推奨、ニームも入った有機肥料です。。

このセギュールとは、相性が抜群に良く、病気にもならずにぐんぐん成長してくれています。

植えてから、この薔薇だけは、ずっと青の特選肥料を使い続けているのです。



f0338156_21132910.jpg




香りは、ローズにフランボワーズ等のフルーツ香が混ざります。
緑の照り葉も丈夫で、何より病気に強く、健康的な薔薇です。

ただ、元気過ぎて(シュラブですし)、枝が自由にあちこち伸びていきます。
また、房になって咲くので、いっそう華やかになります。

今後、しっかりした支え(オベリスク等)が必要ですね☆

f0338156_21140270.jpg



フランスのファンタジー作家セギュール伯爵夫人に捧げられたフレンチローズ、
‘コンテス・ドゥ・セギュール’

可愛らしいピンクの薔薇で、お薦めですよ!!






[PR]
by larosebleue | 2014-05-21 22:28 | デルバール(フランス) | Comments(0)