‘ラ・パリジェンヌ’

f0338156_11414982.jpg
フレンチローズの‘ラ・パリジェンヌ’が咲いています。


実は、先日から咲いていたのですが、シャッターチャンスを逃してしまい、
今朝、やっと撮ることができました。

‘ラ・パリジェンヌ’

2010年/フランス デルバール作出。
パリの街を歩くお洒落なパリジェンヌをイメージ。
色は、明るいオレンジと黄色のミックス。香りはレモングラスの爽やかな若々しい香り。
樹形はシュラブですが、鉢植えにも向いていて、
比較的すっきりとコンパクトに育ちます。
耐病性・樹勢もかなり強く、健康的な緑の葉で、
デルバールローズの中でも育てやすい薔薇の一つです。

春と秋では、色も形も違いますが(秋花はもっと落ち着いた大人しい感じ)

しっかり四季咲きで、花つきも良いです。
f0338156_11421707.jpg

[PR]
# by larosebleue | 2014-05-04 12:36 | デルバール(フランス) | Comments(0)

‘ガブリエル’

‘ガブリエル’が咲きました。

f0338156_11405958.jpg
いつか育ててみたかった‘ガブリエル’。

今年、ついに夢が叶いました。

大雑把な私は、水のやり忘れや消毒散布の適当さ等…管理不足が散々。。(恥)
河本さん作出の高難度な薔薇など、とても育てることは不可能だと思っていました。

しかし、昨秋、‘コラーユ・ジュレ’と‘はつね’が、何気なく我が家にやって来て、
2本ともかなり樹がしっかりしてくれていたせいか、
‘コラーユ・ジュレ’は、両手で抱えられないほど大きく成長し、
沢山のつぼみも付け、もしかして、私も河本バラさんの薔薇を育てられるかも…と、
少しづつ自信もつき、待望の‘ガブリエル’を、今春、迎えたわけでありました。


f0338156_11412102.jpg
‘ガブリエル’

河本純子さん作出。ヘブンシリーズ。
樹高は0.8m。樹形はシュラブ。
花径は6~8cmとやや小さめ。花形はロゼット咲き。
色はピュアホワイト。
白色よりも、より崇高な色の‘ガブリエル’のホワイト。
センターにモーヴが入ります。
香りは、フルーティでエレガントな香り。
繊細かつ上品に育つので、あまり日の当たり過ぎない場所がベストかもしれません。
もちろん我が家では鉢植えです。(お決まりの白い鉢で)
土も乾きすぎず、適度な水分で、薬剤散布もこまめに、慎重に、そして丁寧に育てています。

大天使の名前を持つ‘ガブリエル’。
神々しい姿にしばし見とれてしまいます。。。

‘ガブルエル’がうまく育っているところで、さて、次は‘ルシファー’に挑戦できるでしょうか…
(こちらの方がもっと気難しいと聞きますが…)

いつの日か、チャレンジしてみたいものです。

[PR]
# by larosebleue | 2014-05-04 12:17 | 河本バラ園(日本) | Comments(0)

5/2の表玄関の様子

f0338156_12444035.jpg
お馴染み‘ペラルゴニウム’のピンク色です。所々、赤色が混ざります。
お隣は、クリームイエローのポンポン咲きマーガレットの種類。


f0338156_12441214.jpg
5/2の表玄関の様子です。
手前の、ニョキッと伸びていて、上が見えない薔薇は‘グリマルディ’
‘カクテル’の横の、まだ花が咲いてない薔薇は(とはいっても4月末に一輪咲きましたが)
‘シェエラザード’。ロサ・オリエンティスです。
ギザギザの切れ込みが入る個性的なピンクの綺麗な薔薇です。(さすが木村さん!)


f0338156_12451218.jpg
相変わらず、‘カクテル’は華やかに咲いてます。

[PR]
# by larosebleue | 2014-05-03 12:55 | 庭と玄関の様子 | Comments(0)