‘ラ・パリジェンヌ’のその後です。

その後、とは言っても、あまり変わりません。
少し変わるのを期待していたのですが…。



f0338156_07554024.jpg

薔薇の専門書やカタログで見る、‘ラ・パリジェンヌ’とは全然違うのです。

予想では、
もっと、ディープカップ咲きで、
色も混ぜ混ぜで、複雑にmixされて…。

でも、実際咲いてみると、こんな感じなのです。
去年もそうでした。



f0338156_07550840.jpg



まあ、これはこれで綺麗なのですが、
黄色にオレンジの複輪の薔薇(HT)のようです。



…とはいえ、よく咲き、我が家の玄関を華やかにしてくれる‘ラ・パリジェンヌ’。

まだまだ元気いっぱいのフレンチローズです☆☆
(‘パリジェンヌ’は暑さに強いので、夏もガンガン咲いてますよ~頼もし~☆彡)

















[PR]
# by larosebleue | 2014-05-28 08:19 | デルバール(フランス) | Comments(0)


クリアなピンク色をしたこの薔薇は、
‘スヴニール・ドゥ・ルイ・アマード’(長い名前ですが)


とても爽やかな薔薇です。



f0338156_07304724.jpg



2000年/フランス/デルバール作出。
スヴニール・ダムール(愛の想い出シリーズ)。

系統は、HT。
クリアなピンク色をしていますが、正式にはパープルラベンダーという色に入ります。
樹高は、1.0~1.2m位の木立性(スプレーブッシュ樹形となります)。
花形は、カップ咲きで、四季咲き性が強く、繰り返しよく咲きます。
香りは、アニス・タラゴンの香り。強香です。



f0338156_07313095.jpg


咲き方も、爽やか~。

鉢植えもOKの薔薇なので、我が家でも、鉢植えにしています。
多花性で、次々咲く姿は、見事です。
そろそろ、この鉢では小さくなってきました。(10号なのですが)
この冬、もう少し大きめの鉢に移さないと、窮屈そうです…。


‘スヴニール・ドゥ・ルイ・アマード’

シャンソンの名曲『バラはあこがれ』の作詞者ルイ・アマードさんに捧げられました。

フランスらしい薔薇です♡






[PR]
# by larosebleue | 2014-05-28 07:50 | デルバール(フランス) | Comments(0)



フレンチローズの
‘シャンテ・ロゼ・ミサト’です。
(フランス語で、‘薔薇色の歌、美里’の意)

f0338156_21212414.jpg


2004年/フランス/デルバール作出。
スヴニール・ダムール(愛の想い出シリーズ)。

花色は、ピンク。
花形は、ディープカップ咲き。コロンとしています。
四季咲きで、1.5m程に成長し、大きなシュラブになります。
株は、真っ直ぐに育ち、我が家の‘ミサト’もかなりの直立性。。。
まるで、スタンダードローズのように、上の方に、花がパッパとたくさん咲いています。
(長尺苗を買った訳ではないのですが、剪定の具合でしょうか…)


f0338156_21205834.jpg


また、香りは、大変素晴らしく、
第7回岐阜国際ローズコンテストで、ベストフレグランス賞を受賞!
超強香です。
アニス・バジル・ウイキョウ・ラベンダーが混じります。


鉢植えでも育てることができ、大変育てやすい薔薇のひとつです。
もちろん、耐病性もあり、かなり丈夫です。



f0338156_21214331.jpg


つぼみもコロコロしていますね。
濃いピンクで、丸くて、とても可愛いです。

この薔薇は、
日本では、歌手の渡辺美里さんに捧げられています。
(ローズグロアー・スタイリストの大野耕生さんが大ファンだそうですよ)

一方、フランスでは、‘スール・エマニエル‘と呼ばれます。
’英語読みで‘シスター・エマニエル’。

貧困や教育に尽力した修道女のエマニエルさんに捧げられました。


‘シャンテ・ロゼ・ミサト’。

とても好きなフレンチローズなのですが、
なかなかベストな写真が撮れず、残念ながら、今日はもう散ってしまいました…(>_<)
(写真は先日撮影したものです。)


二番花に期待しましょう~♡






[PR]
# by larosebleue | 2014-05-27 22:01 | デルバール(フランス) | Comments(0)