イングリッシュローズの‘ヒースクリフ’の一番花が
もうすぐ終わろうとしています。


f0338156_17440077.jpg

こんな風に、またまた房咲きになっていたので、撮影☆☆
固まって咲くと、圧倒的なその存在感に、
しばし見とれてしまいます。


アップはこちら…


f0338156_17442019.jpg

…凄いです。

まるで、薔薇の迷宮にいるようです。

去年の秋に植えたばかりなのに、こんなに大きく育ちました。

こういう手間がかからず綺麗に咲くイングリッシュを育てると、
イングリッシュもいいかな~
これからはフレンチよりイングリッシュにしようかな



…いけません。。。

私は、フレンチローズ派なのです…(笑)

デルバールさんを尊敬しているのです。。。
薔薇は、エモーションなのです。
デルバールファンの方なら意味がわかりますよね。
(もちろんオースチンさんもとても素晴らしいのですが)


大雑把なこの私に、ピタッと合ってくれたフレンチローズ。

イングリッシュは、残念ながら、今までいくつか枯らしてしまいました。

育てるのが難しいと感じる時期があったのです。

うまく育たず、あれこれ試してみる時もありました。
温度、湿度、風通し、肥料、消毒、鉢の具合…
神経質になり過ぎたのかもしれませんが…

鉢植えが多いせいか、どうしても夏場もたないのです。
夏の暑さに弱いイングリッシュ。。
日陰に移動したり、水やりに気をつけてみたりしましたが、
それでも、駄目なものは駄目でした。
次第に枯れていく薔薇を見ると、なんだか哀しくなってしまいます。

一生懸命、お世話をしても、
枯れてしまう…

イングリッシュは苗も高価です。
枯らしたくないのです。。
大事に育てたいのです。

きれいに咲かせたい。。。

美しく咲く魅力的なイングリッシュローズ。
綺麗に咲かせるのは、
本当に難しいと感じます。


一方、フレンチは、性質が素直なタイプが多く、夏の暑さにも強く、大きくなり、
丈夫なため、なかなか枯れることがありません。
(何年も育てていますが、まだ枯れたフレンチはありません)

こんな、ずぼらな私でも育てられるのです。(笑)



f0338156_17444459.jpg

でも、
‘ヒースクリフ’を見ていると、

やっぱり、イングリッシュもいいなぁ…♡♡♡
…なんて。


フレンチとイングリッシュ…



『どっちも選べないね~!!!』


…結局、
こういう結論になった訳でした。










[PR]
# by larosebleue | 2014-05-26 18:18 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)


今日の徳島の天候は、
朝から雨が降り続き、
風はビュウビュウ吹いて、
肌寒い一日でした。

夕方、仕事から帰宅してみると、まず、
‘オマージュ・ア・バルバラ’が鉢ごと倒れていました。

東にまわってみると、大きな‘ブランシュ・コロンブ’が…。
まるで、激しく左右に揺さぶられて、横倒しにされたよう…。

ふと、右下を見ると、‘マミー・ブルー’と‘リリアン・オースチン’が真っ二つに…!!

…根元から折れているのです。

やっと救い出すことが出来たのは、‘リリアン’。
折れた枝を、はさみでパチン。。

今さっき、二階の出窓の花瓶に挿しました。



f0338156_16271597.jpg


園芸店でも、あまり売っていない‘リリアン・オースチン’。
作出の古い、貴重なイングリッシュローズです。

大事にせねば!と思っていたのに、ついに、嵐の前に屈してしまいました(涙)




f0338156_16273045.jpg


花の盛りは過ぎているけれど、まだまだ大丈夫かな…。
元気になってね。

ひらひらと可憐な薔薇です。


f0338156_16274521.jpg

f0338156_16280501.jpg


‘マミー・ブルー’も、昨日ブログにUPして良かったです。
折れてしまったので、
もうあの美しい薄紫の姿を見ることが出来ません。

最近、ほんとに風ばかり…
それも、強風…

…どうにかなりませんか…






[PR]
# by larosebleue | 2014-05-26 16:54 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)

‘マミー・ブルー’


‘マミー・ブルー’です。
モーヴ系のフレンチローズです。


f0338156_21042729.jpg

青薔薇の大好きな私には、たまらない薔薇です。(笑♡)
青薔薇と云っても、厳密には、灰紫色なのですが。。。(青薔薇の分類に入ります)

f0338156_21040760.jpg


上品な色合いと、端正な花姿をしています。

1991年/フランス/デルバール作出。
グランパルファムシリーズ。(香りの薔薇)
花色は、モーヴ。
四季咲きで、1.0×0.8mの小型のブッシュ樹形となります。
小さいので、鉢植えに向いています。
枝は細めです。
花径は、8~10cm。少し大きめの高芯剣弁咲き。
薔薇らしい薔薇の形ですね。


咲き進むとこうなります。


f0338156_21044475.jpg


やはり、咲いてすぐか、もしくは、もうすぐ咲きかけっていう時が、
この薔薇は、一番美しいようです。


f0338156_21050138.jpg



‘マミー・ブルー’とは、‘おばあちゃんの青い服’の意。

強香で、甘い豊かな香りがします。(蜂蜜・レモングラス・ゼラニウム・ヴァイオレット等)

園芸店でもあまり見かけない‘マミー・ブルー’ですが、
私はとてもお気に入り☆☆

同じくフレンチの青薔薇‘ディオレサンス’とは、
咲き方も花色も全然違いますが、
この薔薇も、魅力的な
『青い薔薇』なのです。。。

















[PR]
# by larosebleue | 2014-05-25 21:35 | デルバール(フランス) | Comments(0)