<   2015年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

オレンジ色の薔薇

オレンジ色をした薔薇を2品種ご紹介。
いずれも、今年の春に咲いたものです。
イングリッシュローズ。

ひとつめは、‘サマーソング’
ブラッドオレンジの個性的な薔薇で、けっこう好きです。
こういうオレンジ色は、イングリッシュローズの中では珍しいと思います。

この薔薇は、花だけではなく、少しダークな葉の色も素敵です。
この葉と花とのコントラストも、とても美しいと思います。


f0338156_14461515.jpg



次も、好きな薔薇のひとつ。
‘レディ・オブ・シャーロット’

とても花付きがよく、色も落ち着いたオレンジ色をしています。


f0338156_14435682.jpg


香りもいいんですよ~


f0338156_14444817.jpg


ピンク色の薔薇も素敵だけど、
オレンジ色の薔薇も、庭が明るくなるからいいですね^^


[PR]
by larosebleue | 2015-08-30 14:51 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)

Summer Roses②

またまた、
Summer Rosesです…笑
(②となります)


f0338156_23033710.jpg



暑いのに、健気に咲いていた夏の薔薇たち。。。
カットしてるんだけどなぁ…
気がつけば、まだポツポツ咲いてたりして…笑


f0338156_23012308.jpg



この写真の中で、ひとつだけイングリッシュがあります。
わかりますか???

正解は、‘ジュビリー・セレブレーション’



f0338156_22355618.jpg



あとの薔薇は、すべてフレンチローズです。
デルバール社の薔薇たち❤

こちらの赤薔薇は、‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’
シックな薔薇ですね。



f0338156_22404370.jpg



こちらも、デルバールの赤薔薇。
‘オマージュ・ア・バルバラ’
フリルの花びらが特徴的です。
この薔薇は、真夏でも元気に咲きます。暑さ、全然OKです。
あと、花首がしっかりしていて、花持ちもいいので、切り花に向く薔薇です。



f0338156_22434428.jpg


赤い‘バルバラ’の上は、‘スヴニール・ドゥ・ルイ・アマード’
一番上は、‘ラ・ローズ・ドゥ・モリナール’

一番、大きなピンクの薔薇は、
‘マルク・シャガール’
この薔薇も、よく咲いてます。。


f0338156_23150456.jpg



来月になったら、
四季咲き薔薇の夏剪定を始めようと思います。


[PR]
by larosebleue | 2015-08-29 20:51 | デルバール(フランス) | Comments(6)

我が家の庭の薔薇の中で、
すこぶる元気なのが、
この‘コンテス・ドゥ・セギュール’
フレンチローズです。


f0338156_20154763.jpg



夏なので、摘蕾(つぼみを取ること)を続けています。

本当に、元気過ぎて、ぼうぼう伸び放題です…苦笑
夏は、光合成をしっかりさせたいので、
なるべく葉っぱを落としたくないのですが、
心配無用ですね、この薔薇は。。。
耐病性もあり、葉を落としにくいようです。

↓ 手前のシュートは、けっこう長~いです。
(枝の途中から出ているので、サイドシュートですね)


f0338156_00004516.jpg



上の方は、もう手が届きません…
高すぎて。。
これでも、しょっちゅうバチバチ切ってるんです。

恐るべし、‘セギュール’!!


ちなみに、春の一番花はこうでした。


f0338156_23152024.jpg



ロマンチックな薔薇ですね~
優しい色合いですね。


f0338156_23192080.jpg




春は、素晴らしい花付きを見せてくれました。
大型になる品種なので、
鉢植えではなく、地植えしたほうが良さそうです。


[PR]
by larosebleue | 2015-08-29 07:28 | デルバール(フランス) | Comments(2)

Rubanでランチ

毎日、仕事に行っていますが、
時々、平日にお休みがあり、
昨日がちょうど休みの日でした。
休み明けの今日、会社へ行くと、書類がたんまり…汗
休むと、溜まってるのよね~
(誰か手伝って…涙)

で、今日のランチは、会社の近くのここ★
『Ruban』(リュバン)=フランス語でリボンのこと。
お弁当も持っていくのですが、時々こうして外で、ひとりランチです。



f0338156_21070545.jpg



ほら、ちゃんと仕事もしているでしょう…笑
お昼もやってるなんて、なんて真面目なla rose^^
(ただ単に溜まってるだけ…汗)
青いuniのボールペンが、いかにも事務っぽい。。。

今日のランチは、豚肉の生姜焼きみたいですね。
オクラとかゴーヤもあるね。


f0338156_21103056.jpg



あっ、半田そうめんがある~
これ、こしがあって美味しいですよね❤


ちょっと席をはずして…
手を洗いに…


f0338156_21210451.jpg



こういう雰囲気も好きですね~
清潔感があって、白大好き❤


ここは、オーナーがパティシエなのです。
だから、ケーキがいっぱい。


f0338156_21220311.jpg



リュバンのチョコは、ベルギーのカレボー社のを使っているので
まろやかで美味しいのです★


f0338156_21223216.jpg



食べたいけど、また今度ね。


f0338156_21271152.jpg



さて、もうお昼休みも終わりだから、
帰りま~す。。
ごちそう様~美味しかったです~❤


f0338156_21471088.jpg


[PR]
by larosebleue | 2015-08-28 06:51 | お店紹介 | Comments(8)

この薔薇も、とてもお気に入りです❤

フランスのデルバール作出のフレンチローズ。
‘シャンテ・ロゼ・ミサト’


f0338156_22061052.jpg



ピンク色の薔薇です。
この薔薇は、大人可愛いイメージがあって、
ちょっと他の薔薇と違う雰囲気を持っています。
また、つぼみの時と開花した時の花の色が違います。
ちょうど写真がないので残念なのですが、
つぼみは、もっと濃い色です。
このつぼみから、この花が咲くの???って思ったほどです。

来月夏剪定の予定なのに、
まだ咲いていました。
早速、カット★
庭で咲いている時、
『あれ…もしかして、ジェネラシオン・ジャルダン???』
と思ったほど、ウェーブする花びらと色や雰囲気がそっくりです。


f0338156_22084162.jpg



春とは全く違う咲き方のようです…

でも、これ、‘ミサト’なんです…笑
違うみたいでしょう。。。




[PR]
by larosebleue | 2015-08-27 07:25 | デルバール(フランス) | Comments(4)

郷土料理というものは、
その地方で採れる特産物を使い、昔から伝わる料理のことです。

徳島にもこういった郷土料理があり、
代表的なもののひとつに、
この『そば米汁(そば米雑炊)』があります。


f0338156_14393864.jpg



県の特産物コーナーでは、フリーズドライされたものも売られ、
お湯をかけたら、手軽に味が再現できる便利物もありますよ。

蕎麦を食べる地方は、日本全国たくさんありますが、
蕎麦の実を食べる地方は珍しいそうです。。。
徳島と高知の県境に、祖谷(いや)地方があります。
ここは、奥深い山の中。。。
山の急斜面に畑を作り、お米などがあまり採れないので、
蕎麦を作り、食べていたそうです。
(源平合戦の頃、平家の落人が食べたのが始まりとされます)
『そば米汁』は、祖谷地方の郷土料理なのです。
私も両親も、祖谷地方出身ではないのですが、
母がよく作ってくれたので、
そば米汁は、子どものころから、慣れ親しんだ味です。

これが、そば米と呼ばれる蕎麦の実を茹でたものです。
スーパーでは、乾燥した袋入りのものが売られており、
茹でてから使います。


f0338156_14365913.jpg



お米に少し似ていますね。
食感は、お米よりぷちぷちしていますが、柔らかいです。
お年寄りでも、食べやすいと思います。

茹でた蕎麦の実を用意し、鶏肉でだしを取ったものに、
人参・椎茸・油揚げ・蒲鉾・竹輪(ちくわ)などを入れ、
うす口醤油で味付け。。


f0338156_14443353.jpg


材料も、作り方も、いたってシンプルですが、
飽きのこない郷土の味です。

夏なので、今がちょうど旬の、スダチを輪切りにして添えて。。。


今日のお昼ご飯です。
野沢菜といりこをのせたおにぎりと一緒に。。。


f0338156_19225178.jpg



f0338156_14352768.jpg


このそば米汁、
寒い冬には、
また、格別美味しいのですよ❤

[PR]
by larosebleue | 2015-08-26 19:26 | ごはん | Comments(12)

膨らまない~

パンが大好きです❤
朝から晩まで、主食はパンでもOKです(笑)

次の日の朝食用のパンを焼こうと、
先日、杏仁豆腐を作りながら、
同時進行で、プルマンセーグルを作っていました。

セーグル=いわゆるライ麦、を使った食パンです^^
独特の酸味と香りがありますね~

ライ麦粉とライフレークを使います。
粉は、スーパーキング(最強力粉)。
ふわっと軽めに仕上がるので、今日はこれをチョイス★
材料は、いつものcuocaで。。

f0338156_00452540.jpg


なんだか、押し麦みたいですね。
健康的~★

面倒な捏ねは、HBに任せてしまいましょう。
時間のある時は、手で捏ねるのも楽しいですね^^

f0338156_00513272.jpg


これからベンチタイム。
乾燥しないように、ラップとか布をかぶせて、
しばらく休憩~

ガス抜き、成形して、よっこらしょ!


f0338156_00554091.jpg


ここまでは、普通のプルマンと一緒!
でも、ここからの二次発酵で思わぬ展開…

!!!
膨らまないの~
何故~

ここで膨らまないから、その後の焼成もダメ…(T_T)

蓋を開けたら、蓋つきなのに、
中で、ふくらみの足りないイギリスパンのように…
あれれ???
失敗だ。。。笑

もっと練習しよ!!



[PR]
by larosebleue | 2015-08-26 07:59 | パン作り | Comments(6)

夏の‘ヒースクリフ’

デビッド・オースチン社の赤系の薔薇の中で、
近年に発表された薔薇になります。(2012年)
グループは、オールドローズ・ハイブリッド。
色は、ディープクリムゾン。
花形は、大輪のロゼット咲き。

強健な性質で、今の時期に、つぼみをどんどん上げてくるので、
次々カットしています。
でも、完全に夏咲き。。。
春と全く違いますね~笑
ゆるいゆるい。。。


f0338156_00244526.jpg



春、ギュギュッと花びらが詰まり、
濃厚な雰囲気を醸し出す‘ヒースクリフ’
今の時期は、ゆる~く、あっさりと咲いてしまいました…笑
でも、この赤い色は新鮮!
だって、夏は淡い色が多く、
濃い色の薔薇でも薄い色で咲くことが多いから。。。

やっぱり好きだなぁ、この薔薇❤


今年の春よりも、去年が綺麗だったので、
去年の春の一番花の写真をつけておきますね。
(赤というより、ピンクに近いですね~)


f0338156_23270397.jpg



f0338156_15360129.jpg




f0338156_15372525.jpg




花びらの数は、120枚あります。(多い方ですね!)
これは、白薔薇の‘クレア・オースチン’と同じ数です。

参考までに、花びらが多いものは、
‘ザ・ピルグリム’ 140枚
‘スピリット・オブ・フリーダム’ 200枚
少ないものでは、
‘レディ・エマ・ハミルトン’ 45枚です。

花びらの数が多い少ないにかかわらず、
イングリッシュローズは、魅力的な薔薇がなんと多いこと!^^


[PR]
by larosebleue | 2015-08-25 00:27 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(7)

さっぱりと杏仁豆腐

中華料理が好きで、
時々、主人と食べに行くのですが、
食事の締めには、必ず杏仁豆腐を注文します。
美味しいですよね~
さっぱりしてて、冷たくて。。。

簡単なので、家でもよく作ります。
杏仁豆腐は
しっかりとしたタイプのものと、
ソフトな柔らかいものがありますが、
今日は、ゆる~いソフトタイプを作りました。
大きめのスプーンですくって。。。(ぷるんぷるん)
白いピッチャーの中には、甘いシロップ❤
赤いクコの実ものせてね~

薔薇は、庭の‘アンブリッジ・ローズ’です。
今朝、カットしたつぼみ。。。


f0338156_11172831.jpg


[PR]
by larosebleue | 2015-08-23 11:45 | おやつ | Comments(10)

お手入れの続き②です。。。

四季咲き薔薇の夏剪定は、9月に入ってから行う予定です。。
薔薇の数が多く、一気に出来ないので、少しづつしようと思っています☆

雑草を取ったり、中耕したり(レーキなどで軽く耕すこと)、
害虫対策のダイアジノンやオルトランDX(葉っぱと土中の両方に効く方)を入れたり、
黄色い葉っぱを取り除いたり、置き肥を置いたり、
することはいっぱいあるのですが、
マイペースで、進めています。。。

相変わらず、鉢ばっかり多い庭です。。。
いつの間にか、どんどん増えてしまいました…苦笑
鉢が全て真っ白なのは、la roseのこだわりなのです❤


f0338156_20535703.jpg



夕方の水やりと、バラシャワーの後なので、
タイルが濡れていますね^^

ここで、おもしろいことが。。。
薔薇の樹形です☆

同じ頃に、同じ鉢に植えた、違う品種同士の樹形を比べてみました^^
(真ん中の2鉢を使います)


f0338156_21031721.jpg



向かって、左が‘ハープシコード’(ロサ オリエンティス)
右が、‘ウォラトン・オールド・ホール’(イングリッシュローズ)


f0338156_21044047.jpg



一目瞭然ですが、
花つきは、‘ハープシコード’も負けてはいませんよ…笑
小さい体にパワー全開です。。たくさん咲きます。

‘ハープシコード’は、シュラブですが、樹高が60㎝くらいにしかなりません。
ちょうど今が60㎝位ですね。鉢向きのコンパクト品種です。
一方、‘ウォラトン’もシュラブですが、‘ハープシコード’の倍以上はあろうかと…
ゆったりと伸びて、大きく育ちます。。。

もうひとつ、比べてみますね^^
イングリッシュ同士ですよ。

左が‘アンブリッジ・ローズ’
右が‘クレア・オースチン’です。


f0338156_22315495.jpg



系統は、両方とも、Sシュラブです。
ここで、樹形が変わります。
ブッシュ樹形の‘アンブリッジ’は、株が、がっしりしているのがわかりますね^^
一方の‘クレア’は、シュラブ樹形で、しなやか。


f0338156_23583587.jpg



こちらも、それぞれの性質の特長が、典型的に出てますね。

こうして、樹形を比べると、けっこうおもしろいのです^^







[PR]
by larosebleue | 2015-08-23 01:03 | 薔薇のお手入れ | Comments(2)