<   2015年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

‘ダフネ’の二番花

‘ダフネ’です。
同じような写真ですが、これは二番花です。
6/28に撮影しました。
一番と二番の間が早かったように思います。
一ヶ月経ってないです(笑)
少し小さめですが、ほぼ一番花と同じように咲きました。
花びらが強いためか、
この薔薇は、他の薔薇に比べ、
スリップスの被害が少ないように感じます。


f0338156_00062748.jpg



香りは中香で、強くはありませんが
さり気なく香ります。


f0338156_00082327.jpg



ピンク~最終的にグリーンへ変化する珍しい薔薇です。
どのタイミングで、いつ色が変わるか、
まだ育てて浅いので、把握できていませんが…笑
しなやかに伸びる品種で、
ショートクライマーとして、小さめのつる薔薇で
育ててもOKです。


f0338156_00103392.jpg



株立ちもよく、シュートの発生も良好。
育てやすい薔薇です。
耐病性もあり、
この薔薇も、昨日のドルチェヴィータと同じ、
黒点病にかかっていません。
うどん粉病にも強いと思います。


f0338156_00123066.jpg



つぼみから、開いていく過程の美しい薔薇です。
波状の花びらが、優雅な雰囲気を醸し出します。


f0338156_00135141.jpg



名前の由来は、ギリシャ神話より。。。
精霊の薔薇‘ダフネ’でした☆




[PR]
by larosebleue | 2015-06-30 08:00 | ロサ オリエンティス(日本) | Comments(7)

フレンチローズの
‘ラ・ドルチェ・ヴィータ’です。
二番花が咲いてきました。


f0338156_23114973.jpg



とても元気な薔薇です。
葉も明るいグリーンで、よく茂ります。
耐病性に優れた品種だと思います。
花の大きさは、中輪(やや小さめ)ですが、とにかく花つきがいいです。
どんどんつぼみが上がってきて、花を咲かせています。


f0338156_23140878.jpg



オレンジがかった黄色です。
中心が少し濃い色かな。。
樹形は、ブッシュ。
コンパクトなので、鉢植えでもOKです。

今は、こんな感じで咲いています。


f0338156_23170271.jpg



全体的に、バランスのとれた品種です。
よく咲くし、病気にも強い(黒点にかかってないのですよ)
花もちもかなり良い。
花びらが散りにくい。
照り葉も元気。手入れも楽。
育てやすいので、お薦めだと思います^^


[PR]
by larosebleue | 2015-06-29 07:14 | デルバール(フランス) | Comments(8)

久々にオラールの薔薇です。
フレンチローズ。

f0338156_22422470.jpg



ルクセンブルグの王女様に捧げられた由緒ある薔薇。
‘プリンセス・シビル・ドゥ・ルクセンブルグ’です。
濃い赤紫色が、庭でパッと目を引きます。


f0338156_22430468.jpg


作出は、2010年。フランス。
ピエール・オラール氏の作出です。
日本で発表されてから(2011年は輸入苗のみ、国産苗は2012年から)
すぐに新苗でお迎え。
しばらくベランダで大事に育て、株がしっかりしてから、下へ下ろしました。
ずっと鉢植えです。
オベリスクに絡めて、一番花は今年もよく咲いてくれました。
画像は、二番花です。
今の様子。
つぼみは房咲き。たくさん咲く品種です。
つぼみから咲くまでの展開が早い薔薇なので、
あれよあれよ、という間に咲き、
あらあら、という間に散ってしまいます。


f0338156_22442166.jpg


花色は、赤紫。
退色すると、薄くなっていきます。
耐暑性・耐寒性があり、使い勝手の良い品種です。
良く伸びます。
小さいトゲが多いですが、ステムがしなやかなので
仕立てやすく、美しい景観を作れる薔薇です。
香りは、スパイシー。
系統は、Sシュラブ。
オベリスク仕立てにしています。
我が家の庭で、こういう平咲きの薔薇は少ないので、
二番花の時期。。楽しみたいと思います。


[PR]
by larosebleue | 2015-06-28 09:48 | オラール(フランス) | Comments(0)

‘ザ・ピルグリム’です。
今年は、何故かイングリッシュローズに惹かれ、
フレンチローズより、登場回数が多いような気がします。

だんだん株が充実してきて、
去年より良い花が咲くようになったからかもしれません。
イングリッシュは、とにかく3年くらいは我慢!
根気、我慢!の薔薇だと、私は勝手に思っています…笑


f0338156_21445575.jpg



‘ザ・ピルグリム’
我が家では珍しく、黄色❤
黄色といっても、爽やかなレモンイエローのような淡い黄色。


f0338156_21482742.jpg



黄色という色は、庭の中での色のバランスがとても難しい。。。
ピンクや赤、紫が多いので、黄色だけ浮いてしまい、
色の調和を考えてしまうのです。
ついつい、どこに植えようか…と悩んでしまいます。
この薔薇も3年過ぎたので、
そろそろ鉢植えから外してあげたいのですが、
植える場所が…
大きくなる品種なので、場所に注意が必要です。

咲き進んでくると、こんな風に白く退色していきます。


f0338156_21475244.jpg



散る間際でも、大変美しい薔薇です。
美しい…
そう…
だって、あの‘グラハム・トーマス’の子どもですから。
気品があり、強く、生育も旺盛なこの薔薇は、
クライミングとして、利用できます。


f0338156_21521284.jpg



カップ咲きからロゼット咲きへと変化。
またその過程も大変美しい薔薇なのです。

香りは、ティーとミルラをミックスしたような香り。
香りも素敵ですね。

伸ばすと、3mくらいになるので、
これからどうするか、考えたいと思います。


[PR]
by larosebleue | 2015-06-28 06:26 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)

フレンチローズの
‘クロード・モネ’の二番花です。

実は、昨日の朝、咲いていました。
でも、昨日は仕事が忙しく、帰宅できたのは、
夜の8時半。。。真っ暗!
とても薔薇を見ることが出来ませんでした。

…で、この画像は、今日のものです。。
開き過ぎていますが、お許し下さいませ(T_T)
昨日の朝は、きれいなカップだったんですけど。。


f0338156_10283039.jpg



カップ~ロゼット咲きで、よく咲きます。
四季咲きなので、秋も開花します。

香りのピラミッドでは、
フランボワーズ・
リーフ・ローズ・アニスの香り。。。
強香品種です。



f0338156_10503141.jpg



Les roses de Peintres
(画家の薔薇シリーズです)
クロード・モネをイメージした薔薇。
ピンクにオレンジイエローが混ざり合う印象的な色彩。。。
まるでパステル画のよう。。しばし眺めてしまいました。

今回のように、ここまで房咲きになったのは初めてです。
他の鉢でも‘モネ’を育てていますが、房にはならず、一花です。

寄り添うようにして、咲いていますね。
仲のよろしいこと!笑


f0338156_10535812.jpg



[PR]
by larosebleue | 2015-06-27 11:56 | デルバール(フランス) | Comments(10)

南の庭

南の庭です。
シェードガーデンを作っている北の庭は、
建物を挟んで、裏にあります。

応接間の出窓から、庭を見ています。
手前の薔薇は、‘ウォラトン・オールド・ホール’(イングリッシュローズ)
二番花です。ちょっと小さいかな。。。


f0338156_23430342.jpg



左の元気な薔薇は、
‘アンリ・マチス’(フレンチローズ)
画像ではよくわかりませんが、赤の絞りです。
南の庭は、鉢植えがいっぱいですね…
あらあら、鉢の形もバラバラで、まとまりのない(笑)

鉢の色が、白という共通点だけですね。


今、南の庭では、二番花が咲き出しところ。
なかなか、全部の薔薇の開花時期が合わないので、
ポツポツ…
バラバラ…
遅咲き品種は、まだまだ赤い葉状態です。


イングリッシュの‘クレア・オースチン’も、二番が咲き始めました。


f0338156_23405630.jpg



よく伸びてきました。


f0338156_23413429.jpg



(ちょこっと左隣に写っているのは、‘アンブリッジ・ローズ’です)


[PR]
by larosebleue | 2015-06-26 23:53 | 庭と玄関の様子 | Comments(11)

イラガの恐怖、再び

**** 注意 ****

今回は、虫の映像がはっきり出ているので、
嫌い方、苦手な方は画像を見ない方がいいと思われます。
2枚あります。





撲滅したはず…だったイラガ。
庭の見回りをしていると、
あれ???アンジェラの葉っぱが透けている…

そう!死んでなかった!
というか、また出てきた。
確かに、先日の防虫消毒で対処できたはずだったんですが、
つぎつぎ、飛来してきては、たまごを産むんですね、きっと。。。


これです。
イラガ。(徳島では、イラって呼んでいます)
これはまだミニサイズです。
これから
大きくなっていきます。


f0338156_08585996.jpg



葉が、こんな風に白く透けるので、
分かりやすいのです。

f0338156_08592191.jpg




また、頭を悩ますものが…
この虫、いなくなればいいのに…

恐ろしくて、これ以上、カメラで近づけませんでした。
ホント、嫌いなんです。




[PR]
by larosebleue | 2015-06-26 08:35 | 薔薇のお手入れ | Comments(14)

sola flowerをドアに

二階の部屋のドアです。

f0338156_23534098.jpg



クリスマスの時期、
このドアには、赤い木の実のリースを飾っていますが、
普段は、なにも飾っていませんでした。。。

これは、去年もブログでご紹介したsola flower(ソラ フラワー)です。
リビングに飾っていましたが、ここに場所移動です。。。


f0338156_06501352.jpg




sola flowerは、タイ原産のソラの木の皮を薄くむいて、
乾燥させた物を花びらの形にし、
一つ一つ手作りで仕上げた花の形のポプリです。
ウエディングやクリスマスのリースにもよく使われています。
自然素材なので安心だし、
吸水性がいいので、ここに好きなアロマオイルを
しみ込ませて使います。

これは去年買ったので、もう香りが消えて、なくなっています。

そこで、ローズの香りを~
お部屋に入る度に、
薔薇のいい香りがする❤
主人に、『え~、また薔薇???ちょっと臭いんだけど』と言われそうです。

聞こえませんよ~笑


[PR]
by larosebleue | 2015-06-25 07:22 | 日々のこと | Comments(4)

魅惑の‘ジュビリー’

一番花は、あまり咲かず、失敗…泣
次の二番花も???
…と、半ばあきらめていたら、
今日、咲いてた!!

うんうん、そうそう、
やっぱり‘ジュビリー’だ❤



f0338156_19323807.jpg



個人的には、秋の‘ジュビリー’の方が好きです。
スリップスのシミもないし、花の形も整い、色も深い。


f0338156_19344231.jpg



でも、一番花がダメダメだったので、
この二番が、ブーケみたいにまとまって咲いてくれて、
余計に嬉しいです。

‘ジュビリー・セレブレーション’
エリザベス女王さまの薔薇~❤
やっぱり素敵だね❤


[PR]
by larosebleue | 2015-06-24 21:17 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(8)

ロサ オリエンティスの‘オデュッセイア’です。
玄関に置いています。
赤なので、とても目立ちます。
二番花が、つぎつぎ咲き始めました。
6/23の様子です。


f0338156_20223817.jpg



‘オデュッセイア’は美人さん❤
なので、
どんどん出しちゃおう~笑
(よく似た写真ばかりで、すみません…)


f0338156_21064472.jpg



花は、ウェーブ気味の半八重ロゼット咲き。
香りは、ダマスク系。
大人~な薔薇❤


f0338156_20575518.jpg



枝は、直立性でまっすぐですが、
系統はSシュラブなので、自由に伸びます。
株立ちもよく、シュートの発生も良好です。
しっかりしたベーサルシュートが出てきましたね。
(後ろの赤いのがそうです)

f0338156_21090515.jpg



**注釈**
‘オデュッセイア’は美人さんと書きましたが、
ギリシャ神話の英雄オデュッセウスの冒険より。。。
美人な薔薇ですが、実は勇敢な男性のお話なのですよ(笑)


f0338156_22415842.jpg

[PR]
by larosebleue | 2015-06-24 05:41 | ロサ オリエンティス(日本) | Comments(6)