<   2014年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧

クリスマスリースの修復


あまり季節感のない我が家ですが、
クリスマスリースだけは飾ります。
子どもが小さい時は、ツリーも飾りましたが、
いつの頃からか、それもなくなり、今はリースだけ。

毎年、玄関には、ゴールドのリース。


f0338156_13335267.jpg





f0338156_13383223.jpg





f0338156_13384887.jpg





そして、二階の私たちのリビングのドアには、赤いリース。
でも、去年のしまい方が悪かったのか、また年季が入って古いのか、
あちこち壊れています。
なので、修復して、飾りたいと思います。




f0338156_13345659.jpg




木工ボンドで、ちょちょい、と…
松ぼっくりを留めて…



f0338156_13342631.jpg





はい、修復完了~




f0338156_13350978.jpg






今年もクリスマスまで、飾ることにします。
(ちょっとは、クリスマスらしくなったかな…笑)








[PR]
by larosebleue | 2014-11-30 13:41 | 日々のこと | Comments(10)


毎年、この時期に、シクラメンを買います。
大きなものになると、とても豪華です。
いろいろ見ていると、

あれ、こんな色初めて☆



f0338156_21434761.jpg



青薔薇で有名なサントリーフラワーズです。
名前は、『セレナーディア』。
香りも楽しめるという一重咲きのアロマブルーです。



f0338156_21433089.jpg




青とはいっても、紫です。
青薔薇と同じように、開発が難しいんでしょうね、多分。

このセレナーディアシリーズは、
ビクトリアブルー(白にブルー(紫)の覆輪)
フリルブルー(豪華な八重咲きタイプ)
アロマブルー(香りも楽しめる一重咲き)
の三種類。
どれも、とっても素敵です❤


まだ、買ってきたばかりなので、鉢もプラ鉢のままです。
近いうちに、白い陶器鉢かカゴに替える予定。

先に、赤いシクラメンがありますが、紫が加わりました(^^)/



[PR]
by larosebleue | 2014-11-29 21:53 | 宿根草・ハーブ・その他 | Comments(6)


デルバールの薔薇の中で、
絞りの薔薇は、とても多いです。
今回も、絞りの薔薇。
以前、少しだけUPしたことがありますが、
本格的に咲いてきたので、ご紹介したいと思います。


‘アルフレッド・シスレー’。
画家の薔薇です。
シスレーに因みます。

まず、もうすぐ開きそうな花から。


f0338156_21340972.jpg




完全に開いた花。



f0338156_22015438.jpg




開き過ぎた花。


f0338156_21355967.jpg




そして、花びら。
まるで、赤い絵の具に、白い絵の具をシュ~っと流したみたい。

(色が少し薄いのは、散った花びらだから。退色しています)


f0338156_21373199.jpg



そして、全景。



f0338156_21383271.jpg




華やかなフレンチローズらしい薔薇です。
デルバールによくありがちな、花びらの切れ込みはありません。
丸弁で、ゆるく柔らかいカーブをしています。花は大きめです。

庭の中で、存在感を示す薔薇です。
そのままでも華やかなのに、房咲きになるので、もっと華やかになります。

このような絞りの薔薇は他にもあり、色も似ていますが、
少しづつ個性があり、やはりおもしろいのです。






[PR]
by larosebleue | 2014-11-28 07:26 | デルバール(フランス) | Comments(6)

秋の‘ディオレサンス’




今年の春の‘ディオレサンス’です。



f0338156_15304950.jpg




この幻想的なモーヴ色のフレンチローズは、デルバール作出。
まだ他の薔薇たちが咲いてない時に、いち早く咲いた一輪。
 
クリスチャン・ディオールの限定香水に因むというディオレサンス。
名まえも香りも、とっても素敵。

でも、今年は夏の暑さに弱かった…
秋はほとんど咲きませんでした。



…で、やっと咲いた一輪。



f0338156_07115956.jpg




とても大雑把…いや大らかに咲きました(笑)
この薔薇は、少し気難しいのか、うまく咲きません。

記録のため、写真を残しておきますが、
春は、咲くと大きくて、見応えあるのですが、
どうも秋は、今ひとつです。



f0338156_07191883.jpg


原因はほぼわかっているのです。



f0338156_07193263.jpg


土です。


今年こそ、土の入れ替えをしないと!
実は去年する予定だったのですが、別の鉢と勘違いし、忘れてしまいました。
(鉢がたくさんあるので、一気に入れ替えができないのです。
終わった鉢には、なにか目印がいりますね…笑)

多分、連作障害だと思います。
土を入れ替えなければ、このまま枯れてしまいますね(T_T)







[PR]
by larosebleue | 2014-11-27 07:29 | デルバール(フランス) | Comments(8)


2012年作出の‘クロード・モネ’
同じ年、我が家に、新苗でやってきました。
新苗は、人間でいうまだ幼児みたいなもの。
細く、小さかった‘モネ’。
2年経ち、株もしっかり育ってくれました。

ロゼット咲きの絞りの薔薇は珍しく、
デルバールの絞りの薔薇の中で、総合的に見て、
‘モネ’は、傑作のひとつに入ると思います。
育てやすく、花もちも抜群に良いです。

先日から、まだ咲いています。
今朝の写真です。

もうかなり白いですが、花はまだしゃんと立っています。
丸い形を崩さず、少し開いたままで。
こういうところも魅力的です。



f0338156_08134906.jpg




この薔薇は、香りも強いのです。
ローズベースで、フルーティーな香りがします。


f0338156_08141199.jpg




耐病性が強く、鉢でも育てられます。


花径は8cm位で、あまり大きくありませんが、
花びらがギュッと詰まっています。
見応えのある美しい絞りの花を、長い間楽しめます。
でも、色がもうほとんどありませんね~(>_<)
なんだか、薄いまだら状態です…


f0338156_08153164.jpg




いつまで咲くのでしょうか…笑
11/7~咲いているので、
このまま、20日間いくんじゃないの!?

すごい。


[PR]
by larosebleue | 2014-11-27 00:31 | デルバール(フランス) | Comments(2)


よく行くお花やさんがあります。

実家の近くなので、実家に帰る時しか行けません。
今日は寄ってみました。

ここは、お花だけでなく、フラワーベースの種類が多く、いつも迷います。

たくさん候補を並べて、消去法をしました(笑)
…で、残ったのは…



f0338156_12460967.jpg



これは、今回一番気に入りました。
少し小さいですが、存在感抜群です。
冷たい白色も気にいったポイント。



f0338156_12463542.jpg





そして、背の高いものが欲しかったので、右のも選びました。
このフォルムが気に入りました。そして、とても軽いのです。

白い方は、小さい薔薇を飾る時に使います。
やっぱり、白を買ってしまう私。
実は、別の形の赤も可愛いなぁと思ってて、
最後まで迷いましたが、やはり白を選択。
冒険できないなんて、成長しないなぁ、まったく(笑)



このお花屋さんには、まだまだ奥にたくさんの
フラワーベースが、ほこりをかぶって(多分!)眠っています(笑)
あまり皆さんここを知らないのか、お花以外のものを買われる方は少ないようです。


私には、まるで、宝の山(笑)に見えますが!!






[PR]
by larosebleue | 2014-11-26 12:58 | 薔薇のお手入れ | Comments(8)

先日の薔薇たち


先日、オレンジの薔薇とジュビリーをUPしましたが、
載せなかった写真がたくさんありました。
ボツになったものの、やはり心残りなので、UPしようと思いました。
同じ薔薇ですが、しばらくお付き合い下さいませ(笑)
たくさんありますよ。

左から、ラ・ドルチェ・ヴィータ
クラウン・プリンセス・マルガリータ
レディ・エマ・ハミルトン


f0338156_21083509.jpg




クラウン・プリンセス・マルガリータです。
綺麗な薔薇ですね。


f0338156_21081130.jpg



さて、ジュビリー・セレブレーションの登場です。
先日は、横からだったので、真正面から(笑)


f0338156_21075376.jpg




どこから見ても、絵になる薔薇ですね。
たった1本でも、表現することができる薔薇だと思います。




f0338156_21073961.jpg





ここからは、赤色のレッド・レオナルド・ダ・ヴィンチも入ります。




f0338156_21071193.jpg




お花が4つになりました。



f0338156_21002071.jpg





少し、ジュビリーが退色してきましたね。



f0338156_21000584.jpg




ジュビリーのアップです。(もう終わりの方です)



f0338156_20594640.jpg




ラ・ドルチェ・ヴィータは長持ちしますね~
形もあまり崩れません。
優秀な薔薇だと思います(笑)



f0338156_20501874.jpg




右の桃みたいなのは、レディ・エマ・ハミルトンです。
ぷくぷく、ぷっくり~♪




f0338156_21554600.jpg





同じような写真ばかりでしたが、ボツにするのもかわいそうだったので…
一応、記念撮影みたいなもんでしょうか(*^_^*)

お付き合いいただき、ありがとうございました。







[PR]
by larosebleue | 2014-11-25 21:24 | デルバール(フランス) | Comments(8)

ヒヤシンスの球根


毎年、ヒヤシンスの球根を水栽培で育てます。

今年は忙しくて、いつも買う時期に、
球根を買いそびれ、先日やっと購入~
でも、たった二つだけ。
お店で売り切れだったのです。
ヒヤシンスの球根が、店頭に並び始めるのは、10月後半ごろ。
ムスカリやスノードロップ、クロッカスなどが、どんどん並びます。
まだまだ数が足りないので、探さないと!
お花が咲くと、出窓がヒヤシンスのいい香りでいっぱいになります❤

今はたった2個ですが、ガラスベースに入れて、育ててみましょう。




f0338156_18591540.jpg





もう芽が出てきていますよ。





f0338156_18592939.jpg





水栽培専用のガラスベースのほか、
ヨーグルト・ジャム・牛乳の空き瓶、いろいろな瓶を使います。

ヒヤシンスの色は白。あと、ピンクも欲しいです。
今年のヒヤシンスは、白とピンクで…☆
来年の2~3月頃には、お花が咲くかなあ~

出窓に置いて、成長を見るのが、冬の楽しみの一つとなります。







[PR]
by larosebleue | 2014-11-25 00:16 | 宿根草・ハーブ・その他 | Comments(2)


秋の‘レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ’が咲きました。



f0338156_00301388.jpg




色はクリムゾンレッド。(春は、ピンクがかった赤でした)






f0338156_00303669.jpg




2003年/フランス/メイアン作出
ピンクの‘レオナルド・ダ・ヴィンチ’もありますが、
返り咲きです。我が家では、この秋、ほとんど咲きませんでした。
こちらの‘レッド’は、春よりは少ないですが、秋も咲いてます。
…というか、夏も咲いていました。
という事は、春~夏~秋まで咲くという事???
よく咲く薔薇~☆


f0338156_00302594.jpg




秋は、深い赤色で咲いてくれました。
この色が好きです❤

花びらが固めなので、雨の日も傷みにくいです。
香りはあまりありませんが、枝が柔らかく、何かに這わせると
とても素敵な景観を作ってくれる薔薇です。

この薔薇は、今の鉢が小さく、窮屈になってきたので、
新しい鉢へ引っ越しする予定。

華やかなので、オベリスクに仕立てて、玄関で咲かせようと思います。



[PR]
by larosebleue | 2014-11-24 14:35 | メイアン(フランス) | Comments(8)

秋の‘エドガー・ドガ’



デルバールのローズ・ドゥ・ペーントゥル(画家シリーズ)の
‘エドガー・ドガ’です。

このようなつぼみから


f0338156_14401745.jpg





こうなっていき、



f0338156_14403013.jpg




ぱっと開きます~

まあ、超派手派手な薔薇だこと!(笑)



f0338156_14433504.jpg



‘エドガー・ドガ’
春は、赤と淡いピンクの絞りですが、
秋は、黄色が出てきたようです。
四季咲きで、香りは中香。
樹形は、シュラブで、横張性。花形は、セミダブルになります。
ヒラヒラしていて、華やかな薔薇です。
まわりがぱっと明るくなりますよ。

印象派の画家‘エドガー・ドガ’に因みます。






[PR]
by larosebleue | 2014-11-23 07:59 | デルバール(フランス) | Comments(6)