<   2014年 07月 ( 61 )   > この月の画像一覧

‘クロード・モネ’の色



フレンチローズの‘クロード・モネ’です。



f0338156_07274845.jpg



暑いですが、ぽつぽつ咲いています。
絞りの薔薇です。


f0338156_07282231.jpg


絵筆で、サ~っと描いたようなきれいな模様。
一枚一枚、花弁は模様が違います。
春は、黄色やピンク、白など何色も色が混ざり、とても美しい薔薇でした。
夏は…
ピンクと白の二色でしょうか…
花も、ひとまわり小ぶりです。


f0338156_07400677.jpg


こちらは、ほぼピンク一色ですね。
綺麗なロゼット咲きです。

ロゼット咲きは、外側の花弁より内側の花弁が小さく、中心に向かって集まる咲き方。
オールドローズはこの咲き方が多く、イングリッシュローズも
その美しい姿を継承しています。
‘クロード・モネ’を、カップ咲きと書いている本もありますが、
私は、やはりロゼット咲きではないかと思うのです。


f0338156_07402670.jpg

暑い夏。
少しくたびれそうですが、薔薇も元気に咲いています。
頑張って、乗り越えていきましょう~^^


[PR]
by larosebleue | 2014-07-31 07:59 | デルバール(フランス) | Comments(6)

マカロンの思い出



今から、おやつにマカロンを食べます。
よく行くケーキ店のマカロンです。
あたたかいコーヒーと一緒に…



f0338156_16463194.jpg




黄色は、シトロン
赤は、フランボワーズ
茶色は、ショコラ
白は、ヴァニラ
緑は、ピスタチオ

美味しい~
大好きなマカロン❤❤

マカロンには、少し悔しかった思い出があります。
今では、笑えるお話ですが。。。


今から、4年前。
夫婦二人で、東京へ行きました。
一泊二日の短い旅です。(仕事柄、これが限界です)
一日目は用事があり、二日目は、朝からフリー。
夕方の飛行機まで、時間がありました。
ホテルで朝食を食べ、チェックアウト。
朝食中も、あれこれ東京の話をしながら、楽しく過ぎていきました。
私の希望は3つ。

『薔薇を見る』 
『ハグへ行く』 
『ラデュレ』でした。

東京行きは急に決まったので、
場所の確認はあまりしてきませんでした。
どうにかなるだろうと…
主人は東京に詳しいので、
全てお任せです。

さて、品川駅からスタート。
まず、恩師の作品を見に、国立新美術館を訪れることになりました。
六本木にあります。
ヒルズを横目に足早に歩きます。
今日はあまり時間がないのです。テキパキと回りたいのです。

美術館に着き、見たらすぐ帰るつもりが、主人がゆっくりゆっくり鑑賞し始めました。
かれこれ2時間くらい居たでしょうか。。素晴らしい!と度々つぶやき感動していた主人。
建築に興味があるらしく、そちらでも、かなり満足したようです。
『早く、次行かないと!』(焦る私)

次は、お茶ノ水です。
主人のお目当てのお店が、神田にあるそうです。
着きました。
お店がいっぱいあり過ぎです。あっちもこっちもお店だらけ…
スノーボードの用品がズラリです。
一店一店ゆっくり見ています。ここでもじっくり2時間。
『早く、早く、次は私の行きたいとこ!』(かなり焦ってきた私)

歩きすぎて、足がもう棒ですが、次は『チェルシー』に行くのです。
今回、必ず行くと決めていたチェルシーガーデン。
チェルシーは、日本橋三越本店屋上にあります。
三越を大急ぎで屋上まで駆け上がり、さ~っと薔薇を見て(15分)、走って、また一階へ。
三越を出ました。

次は自由が丘です。『ハグオーワー』に行くのです。
運良くば、モデルの雅姫(まさき)さんに会うのです。
恵比寿に行き、乗換をしようと足早に歩いていると、
目の前に『mont.bell 恵比寿店』が…
またまた主人の目がぱっと輝きました。
(もう!mont.bellは徳島にもあるでしょう!)
入店し、まあゆっくりと回ること、回ること。
試着したり、聞いてみたり、時間がどんどん過ぎていきます。

『自由が丘は??』(泣きそうな私)
『あっそうだった!』(呑気な主人)
時計を見ると、3時過ぎでした。
4時には、羽田にいないといけません。飛行機で帰るのです。
『自由が丘はもういいから、ラデュレは?』(もう泣いてる私)
『どこにあるん?そのなんとかって…』(まだ呑気な主人)

道行く上品なご婦人に聞いてみました。
『マカロンで有名なラデュレはどこにありますか???』

聞いた途端、絶句でした…

日本橋三越本店ですよ、と…(!!!)




それから、バタバタと電車の時間に追われ、飛行機に飛び乗り、帰途に着いたのでした。

長々とお話してしまいました。
すみません…
マカロンを見る度、この思い出が蘇ります。
下調べせず、任せっきりの自分が一番悪いのですが、
結局、主人はかなり満足の一日だったようです。
私は不満足で、かなり消化大不良です…

ふう~
さて、コーヒーでも飲みますか…(笑)
コーヒーカップには、薔薇の柄が付いていますよ。
インペロカメリアです。お気に入りのカップ。
隣の薔薇は、‘コラーユ・ジュレ’。



f0338156_16465331.jpg




大好きなマカロン、やっぱり美味しい~。
いつかラデュレに行けるかな…(笑)

ごちそうさまでした~❤




[PR]
by larosebleue | 2014-07-30 18:45 | 思い出 | Comments(18)


先日、咲きだした‘オデュッセイア’
今日は、こんな風に咲きました。


f0338156_20052184.jpg




ひらひらウェーブがはっきりと出てきたようです。
夏に強い薔薇らしく、前を向き、しっかり咲きました。



少し横から撮ってみると、こう。。。


f0338156_20123546.jpg





反対側から…


f0338156_20124989.jpg




なんだか神々しい…
オーラを感じる薔薇です。
しばし、見入ってしまいました…


これは、後ろに見えてるつぼみ。
もうすぐ開きます。
つぼみの方が、色が濃い赤ですね。
(先日の状態は、これくらいだったでしょうか)


f0338156_20154005.jpg



f0338156_20145887.jpg





なんだか牡丹みたいに見えてきましたよ。



f0338156_20152835.jpg





日本の薔薇って、近年、すごい進化を遂げています。


今日の‘オデュッセイア’は、なんだかとてもエレガント❤
実は、最初名前を聞いた時は、女の人の名前かと思いました。
綺麗な響きだなぁ…と。

ギリシャ神話の英雄のお話なので、本当は男の人だけど、
今日は、反対に見えるね。

美しい女神さまだね!
ウェーブのせいかな!

‘パリス’と並んで、今、とても好きな薔薇たちです。
(もう少ししたら‘ヘクトル’も咲きます)



[PR]
by larosebleue | 2014-07-29 20:34 | ロサ オリエンティス(日本) | Comments(4)



先日の出窓の下の薔薇は、どうなったでしょうか…



f0338156_08182390.jpg




じゃん!!
満開~!(^^)!

イングリッシュローズの‘アンブリッジローズ’です。
ここまでが限界のようで、カップのまま終わりそうです。
やっぱり可愛いね❤


f0338156_08184317.jpg





ふんわりした、この薄いピンクの薔薇は、
春と少し色が違いますが、よく咲いてくれました。
やっぱり、イングリッシュも好きだなぁ…



f0338156_08185794.jpg





こういう優しい色と雰囲気の薔薇を見ていると、
優しい人になれるかな…
なりたいな…


主人が横から、『無理無理!!!』と言ってます。(笑)
どうやら、私は無理みたいです…
なんで~????



[PR]
by larosebleue | 2014-07-29 08:27 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(6)

‘ナエマ’の葉っぱ



いつものように、夕方、水やりをしました。
水滴がついた‘ナエマ’。
夏花なので、色も、もひとつな感じですが、たった二輪だけ咲いていたので、
写真をUPして、皆さんに見て頂きましょうね。


f0338156_19185336.jpg



‘ナエマ’の特徴は、この葉っぱ。
まるまる、丸まります。

他の薔薇には、まず見られない現象。

お世辞にも、きれいな葉っぱとは言えないですよ。

薔薇の葉っぱは、もっと濃いグリーンで、出来れば照り葉。
しっかり広がった葉が理想的…

しかし、まるまるしたこの葉っぱ。。。
‘ナエマ’の葉っぱは、実に惜しい…



f0338156_19191605.jpg



花形・香りは素晴らしく、デルバールのバラ人気ランキングでも、
常に上位をキープ。よく1位を取っています。
超メジャーなフレンチローズです。

花色も綺麗なピンク。病気にも強く、剪定次第では、鉢にも、つるにも使える万能派。

う~ん、実に惜しい。
葉っぱが…


夏場は特に、さらに丸まります。
どこまで、まるまるの???
最初見た時は、病気かと思いましたが、これが、この薔薇の個性。

フレンチローズの‘ナエマ’。

葉っぱがまるまっても、変わらず、大好きだよ!





[PR]
by larosebleue | 2014-07-28 19:42 | デルバール(フランス) | Comments(4)



‘エリアーヌ・ジレ’のはずなのですが…

‘ジレ’なら、
ギヨーの薔薇です。

f0338156_11555716.jpg



この薔薇を見て、あれ?と思った方は、ギヨー通です。(笑)
そうです。
カタログの写真と違うのです…

どこかの違う薔薇に見えますね。
でも、‘エリアーヌ・ジレ’のタグがついていたのです。

つぼみから次第に咲いたら、あれ???
花は小さいし、なんだか‘粉粧楼’(ふんしょうろう)みたい。

春は、まっ白が咲きました。確かに、カタログも白い。
でも、夏は、こんな色…

う~ん、違うんじゃない?・・




f0338156_11561153.jpg



ギヨーの薔薇。
我が家の庭のフレンチローズの中で、一番苦手で、一番相性が悪い…
うまく咲きません…
というか、咲くのですが、綺麗に咲かない…カタログ通り咲かない。
これも植えて、2年が経ち、株がしっかりしてきたせいか、少し進歩はあるのですが。
たくさん咲いたのは初めてです。全部で15個位咲いているでしょうか。。

私が脅したからかな…(笑)
ちゃんと咲かないなら、どっかへ移すよ、と。
(怖いな~)







f0338156_11562172.jpg


ギヨー社は、1829年創業のフランス リヨンの名門バラ育種会社。
世界初のHT‘ラ・フランス’をこの世に送り出しました。

‘エリアーヌ・ジレ’は、
1988年/フランス/ギヨー作出。
白に赤の覆輪。つぼみは、濃いピンク。
シュラブ樹形で、四季咲き。

ギヨーはオールドローズの特徴がよく出る薔薇を多く作ります。
この薔薇も、オールドローズ風で、柔らかい花弁で、優しくふんわり咲きます。
花は少し小さめ。
う~ん、悩んでます…

以前、この薔薇を育てている方から、この薔薇は難しいよ、と言われました。
いろいろ調べてみましたが、この薔薇に限らず、
ギヨーの薔薇は、株が充実するまで綺麗に咲きにくいとか。。

そうなのね。。。
では、秋はちゃんと咲くかな。
カタログの写真と全然違うので、しばし戸惑いながら、育て中なのでした。

もし、この‘ジレ’をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
こんな薔薇なのか、
夏はこんな風に咲くのか、教えて頂きたいのですが…

もしかして、タグ違い???
‘粉粧楼’じゃないかなぁ…と私は秘かに思っていますが…
どう見てもチャイナみたい…








[PR]
by larosebleue | 2014-07-28 07:58 | ギヨー(フランス) | Comments(2)


昨日、フレンチローズの
‘シャンテ・ロゼ・ミサト’が咲きました。

東の少し日陰の庭で、たった一輪ですが…



f0338156_20085378.jpg



この薔薇の香りは、複雑…
香りのピラミッドによると、
アニス・バジル・ウイキョウ・ラベンダーの香り。
…ということはハーブみたいな感じ?


f0338156_20091978.jpg


カップ型で、とても可愛らしい咲き方をする薔薇です。
直立性で、すっきり上へ上へ伸びていきます。

花色も同じくすっきりしたピンク。
耐病性があり、病気に強く、育てやすいですよ。
鉢でもOKです。


f0338156_20090799.jpg


春の開花時とは、少し色が変化しましたが、綺麗に咲きました。
この薔薇は、つぼみの時が個性的。
とても濃いピンク色をしています。
このままの色で咲くのかと思いきや、全く違う色に変化します。
咲いてる花とつぼみが混在している様子はおもしろいです。


さて、今日の‘ミサト’の様子。





f0338156_20175586.jpg



少し、花弁に茶色のシミが…
花はまだカップを保ち、しっかり咲いています。

f0338156_20174157.jpg




歌手の渡辺美里さんに捧げられた薔薇です。
(『マイ・レボリューション』の歌声が聞こえてきそうですよ)
四季咲きで、しっかりしたディープカップ咲き。
秋も期待したいと思います。




[PR]
by larosebleue | 2014-07-27 20:30 | デルバール(フランス) | Comments(6)



‘オデュッセイア’が咲きました。

待ちに待った…
と言っても、春に一度、開花したところを見ているのですが、
この薔薇は、小さかったので、しばらくベランダで育てていまして…

やっと、庭の鉢に定植してから、初お目見えです♡ (ぱちぱち)


f0338156_12183943.jpg





‘オデュッセイア’
2013年秋新品種/日本/木村卓功作出。
ロサ オリエンティス。

春に咲いた時は、もっと紫に近い赤でした。
今日は、ほぼ赤色です。
私の写真技術がダメダメなので、実物のような色が出せませんが、
写真よりもう少し深い、落ち着いた赤です。


f0338156_12181829.jpg





この薔薇は、本来なら、もっと花弁が波打ちます。ひらひら~
ウェーブがかった花弁を持ち、ロゼット咲きになります。

春と、夏の高温期は、色が変わるそうで、
春は紫に近い深紅。
夏の高温期は赤。
今は暑いので、やはり赤なのかな、と思います。




f0338156_12184940.jpg





花は、あまり大きくありませんが、インパクトのある花形なので、これくらいでもいいかも。
直立性のシュラブ樹形で、枝は真っ直ぐに上に伸びます。
剪定によっては、自由に伸ばすこともでき、アーチやオベリスクにも対応します。
我が家はたぶん、このまま鉢植えで、
秋以降、来春のために、もう少し大きめの鉢に植え替えるかも…


f0338156_12183079.jpg





‘オデュッセイア’とは、
ギリシャ神話の英雄から。(冒険記)

夏の暑さ・湿度に耐え、暑くても次々咲くように作りだされた日本の薔薇。
酷暑に、果敢に戦いを挑みます。
暑さと戦う薔薇。
かっこいい~

(私的には、春の紫っぽい赤が好きですが…)





[PR]
by larosebleue | 2014-07-27 12:53 | ロサ オリエンティス(日本) | Comments(4)



‘アンブリッジ・ローズ’が、変わった場所で咲いています。
応接間の黒い出窓の下…
なにも、こんな日陰になる所で咲かなくてもいいのに…

あっ…
薔薇も暑いんだね…
この猛暑だもの、涼しい所がいいよね!


f0338156_20332898.jpg





涼しそうな薄いピンク色で咲きました。
相変わらず、可愛い薔薇です。

薔薇の鉢植えの奥の方なので、写真を撮るのが大変でした(涙)
刺に刺されて、痛い痛い(>_<)

f0338156_20334909.jpg




す~っとすっきり伸びている‘アンブリッジ・ローズ’
今年の夏は、ほんとによく咲くなぁ。


f0338156_20335861.jpg





日陰なので、いつもより長持ちしています。
つぼみもあるし、しばらく楽しめそう~♫


[PR]
by larosebleue | 2014-07-26 20:48 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(14)

ゆうたま



『ゆうたま』を戴きました。




f0338156_08303286.jpg



徳島では有名な和菓子のお店、
『茜庵(あかねあん)』の砂糖菓子です。

丸くて、コロンとしていて、可愛いこの和菓子は、
良質の寒天に、柚子やゆこう、山桃、すだち、梅の香りが入っています。

すだちは徳島県の代表的な果実。
県内では、どこでも木を見かけることができます。
緑色で酸っぱく、魚の焼き物の時に、ギュッと絞り、頂きます。
上品な酸味で、京都などの高級料亭でも使われている柑橘類の香りの素材。

山桃(やまもも)は、県の木。
深みのある小さな赤い実がなります。
見た目は、赤い小さいビーズを一面につけたような感じです。
食べられますが、少し甘酸っぱいです。
徳島では、ジャムやジュース等、いろいろなものに加工されています。

ゆこうは、柚香と書き、上勝町(かみかつちょう)という山の奥の方で作られています。
幻の果実といわれ、まろやかな酸味で、希少な柑橘類です。
ゆうたまで使用するゆこうは、有機栽培のもの。
なかなか手に入りません。
上勝町は、映画にも登場した葉っぱビジネスの町です。
(日本料理のつまもの。つまり、お料理についてくる紅葉や銀杏等の葉っぱや枝。
 この生産が盛んなところですよ)


さて、ゆうたまをゆっくり味わいます。





f0338156_09141092.jpg


先日、実家から送られてきたお茶をアイスにして、一緒に。
(ガラスのグラスは薔薇の柄。ハウス・オブ・シェイリーにて。ゆうたまのお皿は七宝焼き。)


ゆうたまの味は…
砂糖菓子なので、ジャリジャリ…(笑)
好みが分かれるかもしれません。
ご年配の方は、入れ歯の間に入って食べにくいとおっしゃっていました。
そうです。
ジャリジャリなので、お茶と合わせて食べたら、ちょうど良いかも。。。

私はというと…
初めて茜庵さんの和菓子にお世話になってから、ずっとリピート。
茜庵さんには、季節の行事ごとに、和菓子やお赤飯をお願いしています。
美味しいお菓子をいつもありがとうございます。


ゆうたまは、こんな可愛らしい小さな箱に入っています。



f0338156_09544945.jpg


徳島の和菓子です。
甘くて、ほっとします。
美味しいですよ。

※薔薇の話ではなくて、すみません…



[PR]
by larosebleue | 2014-07-26 10:35 | 美味しいもの | Comments(10)