<   2014年 06月 ( 77 )   > この月の画像一覧

夏の寄せ植えのそれから



さて、先日植えた、寄せ植えですが、
少しづつ、大きくなってきています。




f0338156_20171554.jpg


全体的に、紫系ですね~
とても好きな色です。
私の好きな色は、白・青・紫…ターコイズブルーも好き。

薔薇は、ピンク系が多いのに、不思議ですね!

ミリオンベルは、毎年失敗するので、今年こそは気をつけないと。。。
失敗とは、下に下に伸びて、上の方とか真ん中が、ハゲて(笑)しまうこと…
だんだん花がなくなって、下の方ばかりついてしまうのです…
花が咲いたら、取って、また取って…と、こんもりなるよう
しばらく花を摘む作業が続きます。

後は、水やりですね。
サフィニア類は、水がなくなるといけないですね。
すぐに、葉っぱが弱ってしまいます。

萩もさわやかで好きな花。
緑色がきれいですよね!

昔、生け花を習っていた頃、お花の先生がよく言っていました。
『動きを生かして』と。
動きのある花材は、とてもおもしろいのだそうです。
萩もよく使いました。
先生の魔法の手で、あっちこっち向いてた花や木が、きれいにまとまってたなぁ…
私はあまり真面目な生徒ではなかったので、
いつまでたっても、なかなか上達しませんでしたけどね(笑)
生け花の流派は、嵯○○流でした。。。
なつかしい~
今も生けられるかな…


f0338156_20173585.jpg




紫のストロビランティスは、園芸店さんお薦め!
『大きくなるよ』と脅されました(笑)。

一番後ろにあるシュッと伸びたのは…
えっと、なんだっけ…
聞いたんだけど、忘れてしまった(汗)
どなたか、詳しい方、教えて下さいませ…


明後日は、仕事がお休みなので、晴れてくれることを願います!
寄せ植えをして(花は少し買ってあるのです)
薔薇のお手入れをして、枯れた葉っぱを取ったり、高さや枝を調整します。
今日も仕事から帰ってから、込み合った枝を、少し切りました。(カクテルやアイスバーグなど)
込み合った枝をスッキリさせると、病気も防げるし、風も通って良いのです。

さて、次の寄せ植えは、ピンク系になるかも…

だって、今度は、ミリオンベルのピンクを使う予定なのですから…
(笑…紫と色違いを買ったのです)




[PR]
by larosebleue | 2014-06-30 21:11 | 宿根草・ハーブ・その他 | Comments(4)

今朝の薔薇の様子



爽やかな朝なのに、
だんだん終わっていく薔薇を載せるのもどうかと思いましたが、

このブログは、薔薇の記録として書いているので、
こういう状態を紹介してもいいかな…と思います。。



先日、華やかな姿をみせていたERの‘アラン・ティッチマーシュ’です。




f0338156_07252137.jpg




もう散る時期がやってきました…

きれいなあたたかいピンク色。
イングリッシュらしい、そしてオールドらしい、
優しく、素敵な薔薇でした。



この時期、薔薇は、
散ったら、また次が咲きます。。





f0338156_07291619.jpg


これも‘ティッチマーシュ’。

今朝も暑いので、このようにけっこう開いています。
満開です♡


もう一枚。(よく似た写真ですみません…汗)
まるで、小さな牡丹のよう…



f0338156_07290092.jpg


さて…

このお隣にあった薔薇を覚えていますか?
グラスに入った赤いフレンチローズを…

デルバールの‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’です。

あれから、どうなったでしょう…






f0338156_07253869.jpg



『私はとても元気なのよ~!!』

まるで、そう言っているかのよう…(笑)
‘ティッチマーシュ’の方が、全然、後なんだけど…

どうなってるの、‘モンマルトル’…
咲き過ぎじゃないの…?



この薔薇、
おもしろいので、
観察は、まだまだ続きます…


おっと、!
こんな時間!
私は、お仕事に行きますね~!(^^)!







[PR]
by larosebleue | 2014-06-30 07:46 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)



メイアン作出の‘マジック・メイディランド’です。


f0338156_23325815.jpg



今年の春に植えたばかり…
庭の、この半円形の場所に、何か合う薔薇はないかと探していました。

いつもなら、ヴィオラやマーガレットなどを植えてるのですが、
今年は、薔薇を植えてみよう!と思い、こちらの品種にしたのでした。

メイアン社の薔薇なら信用できるし、花も綺麗。そして、なにより強い。
これが決め手でした。


しかしながら、何も下調べせずに、今回は即買いしたので、
この薔薇の性質を、全く知りませんでした…


この薔薇は、
実は、かなりほふく性…
ほふく性とは、這うように咲くこと。

見て下さい。。


f0338156_23363214.jpg



こんな風に、どんどん自由に伸びまわってます…
いいのか悪いのか…

このスペースでは、たぶん全然足りない…
いや、全く無理だ…

こう直感しました…



f0338156_23341356.jpg


う~ん…
どうしよう…
困った…
もう定植したし、今から移植できないし…


困った、困ったと
悶々と、今も悩み続けるこの頃なのでした…



[PR]
by larosebleue | 2014-06-29 23:54 | メイアン(フランス) | Comments(4)



またまた登場~
‘コラーユ・ジュレ’です。



f0338156_23005080.jpg



こんな風に、やっぱり房咲きになります。。
すごい花数です。。。(これで1本ですよ!)



f0338156_23011799.jpg




河本バラ園作出の薔薇なのですが、
我が家とは、なかなか相性が良いみたいです♡

『サンゴのゼリー』という意味ですが、一体どんなゼリーなのでしょう…(笑~)
サンゴって、こんなコーラルピンクなんだろうか…

そういえば、昔、母がよく、サンゴのブローチを胸につけていたような…
こんなピンク色だったような気がしますよ。。。


f0338156_23020951.jpg



房咲きで、ブーケのようにまとまって咲くようです。。
5/19の記事では、白い花瓶に挿しているので、そちらも参考にご覧下さいね!

本当に、良く咲く薔薇です。
二番花も、もう長い間、ずっと咲いています。
葉っぱも大きく、丈夫。
育てやすいので、株も、これからかなり大きくなりそうな予感…

一枝に、こんなに花が付くので、
とてもお得感のある日本の薔薇ですよ~



[PR]
by larosebleue | 2014-06-29 23:19 | 河本バラ園(日本) | Comments(0)

‘アンネのバラ’



本当の名前は、‘スヴニール・ドゥ・アンネ・フランク’ですが、
長いので省略し、親しみを込めて、‘アンネのバラ’と呼んでいます。




f0338156_15100265.jpg




最近、ピンクや赤の薔薇の紹介が多かったので、
ここらへんで、黄色(オレンジ)をひとつ…



f0338156_15101668.jpg




この薔薇は、ここに植えて、もうかれこれ10年くらいになるでしょうか…
ずっと、この場所。
金木犀と梅の木の間。
何もない芝生と木だけの庭に、ぱっと華やかなこの薔薇を植えたことを、今でも思い出します。

我が家では珍しく、ベルギーの薔薇です。
1960年作出の古い薔薇です。
綺麗な、オレンジと黄色のミックスで、完全四季咲き。
秋にも、花をつけてくれる頼もしい薔薇です。
HT(ハイブリッド)ではなく、F(フロリバンダ)になります。

黒点病には、時々かかってますが、この通り大変丈夫で、次々花を咲かせます。
(こちらは、二番花ですよ)
刺(とげ)が多く、少し扱い辛いですが、秋には、赤みが強くなり、とてもきれいです。

イングリッシュとも、オールドとも、フレンチとも違う…
こんな薔薇も、庭にあると楽しいものです。

‘ブルー・ムーン’とともに、
我が家の庭の歴史をずっと見てきた‘アンネのバラ’。

これからも、ますます咲き続けてね~



[PR]
by larosebleue | 2014-06-29 15:29 | その他の薔薇 | Comments(6)



6/21に咲いた‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’が
まだ咲き続けています。





f0338156_22462092.jpg



今日が、6/28だから、一週間!(長い~)
まだまだ咲きそうだったのですが、
‘アラン・ティッチマーシュ’とコラボさせたくて、
仕方なくカット。
たぶん、切らなかったら、もう少し咲いてたかな…

かなり、花もちが良すぎ!(^^)!と確信!!

毎日、観察していたのですが、だんだんロゼット咲きに変わっていきましたよ♡
今は、ほらね、こんなに完全ロゼット。

色も、最初より、深くなってきたね。

この子は、事情があり、去年からずっとベランダ育ち。
買った時のままの、デルバールの青の小さいプラ鉢で、
暑い徳島の夏を越し、寒い冬を越し、
鉢替えしなかったので、これ以上大きくならず、
本当にかわいそうな子でした…

今年こそは、庭に放してあげるからね~
場所は決まってるから。
もう空けてあるし。
同じデルバールの‘モリナール’の横だよ。

こんなに長持ちする優秀な薔薇なのに、ずっとほったらかしでした。
私が悪いのです…

ごめんね!
この薔薇の生きる力を感じましたよ…

では、最後に、‘ティッチマーシュ’と並んで、ぱちり。



f0338156_22491963.jpg



[PR]
by larosebleue | 2014-06-28 23:09 | デルバール(フランス) | Comments(2)




今年の‘アブラハム・ダービー’は、
どうもうまくいかない…


こちらの写真は、庭に向かって右、芝生側から見た写真。





f0338156_19503261.jpg





うつむきがちに、綺麗な花色で咲くイングリッシュローズ。
大好きな薔薇のひとつです。


少しアップはこちら…




f0338156_19505289.jpg




いくつか咲いてますが、
近くで見ると、雨と不安定な気候のため、中の花弁が
枯れて茶色だったり、色あせしてたり、ぐちゃぐちゃだったり…

ほんとは、もっと綺麗な薔薇なんですが…



変わって、こちらは、向かって左。用水路側。
方角が東南になるので、薔薇たちはお日様を求め、こちらにどんどん伸びていきます。。


f0338156_19510951.jpg





他の薔薇の関係で(とげに刺されるので)、これ以上は近寄れません…
だから、この東の薔薇たちが、どういう感じで咲いているのか分からないのです。
また明日、道路の方から、写真を撮ってみよう!と思いました。



‘アブラハム・ダービー’

かなり有名なイングリッシュです。
華麗に、大きな花を咲かせることができます。

1985年/イギリス/デビッド・オースチン作出。
リアンダーグループ。

花色は、アプリコット~黄色・ピンクのMIX。複雑な色合いです。
香りは、強いフルーツ香の中に、ラズベリーの香りも。。
この薔薇は、あまりオールドローズの特徴がはっきり出ず、現代バラに近いリアンダーです。
花形は、カップ咲き。
(私には、カップではなく、ロゼット咲きに見えますが…)

本来なら、大きな花を咲かせますが、
我が家の今年の‘アブラハム・ダービー’は、一番花の生育が悪く、二番花もこのように小さい…
今年は、あまり良いとはいえませんね。

シュロップシャー州に始まった産業革命の先導者の一人、アブラハム・ダービーに因み、
この名前がつけられました。









[PR]
by larosebleue | 2014-06-28 20:21 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)



イングリッシュローズの
‘アラン・ティッチマーシュ’です。




f0338156_11361427.jpg




そろそろ散ってきたので、花をカット!
まだ綺麗なので、ガラスの花器に生けてみました。。


ポトンと入れて、


f0338156_11423827.jpg



少し、手で広げます…





f0338156_11430652.jpg



2005年/イギリス/デビッド・オースチン作出。
イングリッシュローズ。
リアンダーグループ。


花色は、濃いめのピンク色。あたたかいピンク色をしています。
樹形は、イングリッシュの典型的な形のシュラブ。伸びます。
香りは、オールドローズ香。素晴らしい。
ひとつの枝に、だいたい3~4つくらいの花を、やや下向きに咲かせます。


f0338156_11495309.jpg



リアンダーグループの特徴をよく引き継ぎ、
ゆったりとした枝を四方に伸ばし、やわらかな枝の先に、オールドローズ風の花を
やさしく咲かせます。

枝が細く、やわらかいため、こういった花器に生けるのは、少し難しい…
動きがあるので、薔薇があっちこっち向いて、なかなかまとまとまりませんでした…





f0338156_11554827.jpg




イギリスで人気のあるアラン・ティッチマーシュ氏に捧げられています。
彼は、有名な園芸家であり、テレビキャスターであり、著述家でもあります。






f0338156_12034021.jpg



リアンダーグループには、他に

‘ゴールデン・セレブレーション’
‘ボスコベル’
‘レディ・オブ・シャーロット’
‘アブラハム・ダービー’
‘クラウン・プリンセス・マルガリータ’

などがあります。(ほんとは、まだまだあるのですが…)

どれも、リアンダーらしく、しなやかなシュラブ樹形で、素晴らしい香りを持ち、
イングリッシュの祖先のひとつであるオールドローズのような薔薇が多いです。


残念なことに、私は今も、オールドローズを上手に育てることができません…

でも、こうして、
イングリッシュローズから、オールドローズの息吹を感じ、
イングリッシュローズを育てながら、
オールドローズを育てているような感覚になるのです…

オールドローズを美しく咲かせるのは、難しい…
私には、まだまだ無理なようです…



長い薔薇の歴史を生き抜き、
多くのロザリアンたちに、
薔薇の素晴らしさを教えてくれたオールドローズ…

憧れと尊敬を込めて、
オールドローズの流れをくむイングリッシュローズを
大切に育てていきたいと思います。










[PR]
by larosebleue | 2014-06-28 12:18 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)



フレンチローズの‘コンテス・ドゥ・セギュール’が、
これから二番花の時期を迎えます。

写真は、昨日の夕方写したもの…



f0338156_07310165.jpg





大好きなデルバールの薔薇。
この場所に植えて、早いもので、二年になりそうです。



f0338156_07313146.jpg




ロゼット咲きのこのフレンチは、イングリッシュにも多い咲き方。
ぱっと見ると、イングリッシュかなぁ…と間違えてしまいそうです…
色も、優しい淡いピンク色。
イングリッシュのハンドブックの、どこかで見たような雰囲気の薔薇。



f0338156_07311482.jpg





華やかで、目立つ色が多いデルバールの薔薇の中で、この薔薇は優しく、上品…
表玄関入ってすぐ、二本を地植えにしています。



全体は、まだこんな感じ。。。



f0338156_07315081.jpg




f0338156_07402315.jpg




ところどころ咲いてきました。


‘コンテス・ドゥ・セギュール’は、
この時期、二番花の見頃をこれから迎えるのです。。







[PR]
by larosebleue | 2014-06-28 07:56 | デルバール(フランス) | Comments(2)



先日、鉢に定植したイングリッシュ。
‘ロイヤル・ジュビリー’

こんな風に、お決まりの白い鉢に植えています。



f0338156_23440549.jpg


一番花が終わったので、軽く切り、薔薇用にいつも使う土をたっぷり入れて、
コガネムシ防止に、少しダイアジノンも混ぜて、植え込みました。。
(あとで、雑草と跳ね返り防止のバークも敷かなくては!)

雨☂が続き、少し黒点が出ていますが、まあ大丈夫でしょう…

二番花を、これから待ちます。。。




夏の寄せ植えを作りました。
寄せ植えの花材を選ぶのは、とても楽しいもので、今回ものんびりあれこれ選びました。


f0338156_23533619.jpg



たぶん、広がってくると思うので、少し余裕を持って…

ミリオンベルのパープルを使いました。

紫のおもしろい葉っぱは、ストロビランテスというみたい…
夏に強いそう。

本当は、唐辛子のブラックパールが欲しかったのだけど、上手く探せなくて…(泣)
また今度の寄せ植えに使いたいと思います。

萩も、涼しそうかな~♪

たぶん、ミリオンベルがいっぱい咲くと思うので、楽しみなのです!

あれこれ、寄せ植えするのは、やっぱり楽しいな♡




[PR]
by larosebleue | 2014-06-28 00:08 | 宿根草・ハーブ・その他 | Comments(4)