カテゴリ:ハークネス(イギリス)( 2 )




‘レイチェル・ボウズ・ライアン’。
夕方の様子です。




f0338156_16585233.jpg



隣の赤い薔薇は、デルバールの‘レッド・インテューション’(訳すると、赤の直感)




f0338156_16591818.jpg



面白い咲き方をしていたので、UPしてみました(^-^)



f0338156_17001306.jpg



こ~んなに長いのです。。。(笑)

まるで、天の川(ちょっと違うか…)。

ひらひらしたアプリコットの半八重の花弁が、並んで咲いて、
なんともかわいらしいではありませんか。。。





f0338156_16593913.jpg





1981年イギリスのハークネス作出の薔薇です。
名門ハークネス社は、とても信頼出来る会社です。
京都のまつお園芸さんも、ハークネスの薔薇をたくさん紹介されています。
日本では、タキイ種苗が総代理店。。

この薔薇は、枝が細く、刺が多いですが、しなやかで誘引しやすいです。
やや横張り気味。

ただ、黒点病にしょっちゅうかかっている所が、唯一マイナスでしょうか…。
葉っぱは黄色だらけで、ポロポロ落葉しても、しっかり元気!
何年もそんな調子で、春を迎えているのです。

とにかく強い~!(^^)!








[PR]
by larosebleue | 2014-06-15 17:32 | ハークネス(イギリス) | Comments(2)


ハークネス社の薔薇
‘レイチェル・ボウズ・ライアン’です。


f0338156_22542137.jpg


実は、以前から咲いていましたが、花もちがあまり良くなく、
すぐに散ってしまいます。
ひらひらで、爽やかな薄いピンクの薔薇です。

1981年/イギリス/ハークネス(こちらも世界的に名門!)
花色は、アプリコットピンク~オレンジピンク。
花径は、8cm位。中輪です。
香りは、中香。
返り咲きで、夏はポツポツ咲きます。
樹勢は強く、半つる性です。

我が家では、スペースの関係上、鉢植えです。
地植えにすると、ぐんぐん伸びて、かなり大きくなると思います。
枝も細くて、誘引しやすいシュラブローズです。


つぼみは、こん感じで、小さく房になります。



f0338156_22550551.jpg



この薔薇とも、長いお付き合いです。
強い薔薇ですが、消毒をしっかりしても、
薄い色で軽めの葉っぱは、すぐに黄色くなりやすいです。
今日も、たくさん下に落ちていました。

可憐で、魅力的な薔薇なのに、ここだけが残念…(T_T)


f0338156_22544463.jpg


夕方の‘レイチェル・ボウズ・ライアン’でした~(^◇^)


[PR]
by larosebleue | 2014-06-02 23:13 | ハークネス(イギリス) | Comments(0)