カテゴリ:デビッド・オースチン(イギリス)( 172 )

‘クラウン・プリンセス・マルガリータ’
以前、この薔薇が一番好きだと
書いたことがあります。
それは今も同じなんですが、
やっぱり
‘レディ・エマ・ハミルトン’も捨てがたく。。。笑
(この薔薇も大好きなのです)

でもね、我が家の場合、
‘エマ’は思うように育ってくれず、
ちっとも大きくなりません。
…が、‘マルガリータ’の方は、
どんどん大きくなり、すっかりアーチを覆っています。
今年も綺麗に咲いてきました。
花色は、オレンジ色を柔らかくしたような感じで
花形は、ロゼット咲き。
香りはフルーツ系ティー香。
甘く優しい香りがします。



f0338156_21400463.jpg




この薔薇は、とても強くて丈夫です。
可愛らしい名前からは想像がつかないくらい。。笑

このクシュクシュした花びらがたまらなく、
やっぱりこの薔薇が好きなんだって
改めて思ったのでした。。。笑




[PR]
by larosebleue | 2017-05-24 21:52 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)

こんなところに植えてたのね~
…なんて、すっかり忘れていた薔薇です。笑
イングリッシュローズの
‘クイーン・オブ・スウェーデン’
ソフトピンクの明るい薔薇です。

‘レディ・エマ・ハミルトン’と‘パット・オースチン’の
まさかのダブルオレンジの横で、
ひっそりと花を咲かせていました。
冬の剪定で、ばっさり剪定していたから、
小さくなり過ぎて、忘れていたんですね。。。笑
この薔薇は、直立性で、まっすぐ立って咲くから、
花が揃いやすいですね。
剪定も思い切って3分の1~半分くらいに、
バッサリいっちゃいましょう~笑

咲いていたのは、まだ、たった3輪です。
つぼみがあるから、これから次々と咲きそうですが、
今、咲いているのをカットして、
フラワーベースへ。



f0338156_20342198.jpg




こうすると、家の中で
いつでも、この薔薇を見られるね。笑



f0338156_20313983.jpg




香りは、ミルラ香。
棘も少なく、ステムが真っすぐなので、
花束に向いていますね~(^^♪





[PR]
by larosebleue | 2017-05-24 20:51 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)

イングリッシュローズの
四季咲きランブラー、
‘ジ・オルブライトン・ランブラー’が
庭で咲き始めています。


f0338156_22211401.jpg




…色がおもしろいです。。。
ソフトピンクだと思ったのに、
去年もこんな色で咲いて、、、笑
アイボリー?
クリーム色???

花の中心には、
きゅっと締まったボタンアイが見えますね。
でも、こんな色も素敵です。
きっと、土、肥料や気温、湿度etc…
いろいろなことが要因になって
色が変わるのでしょうけれど、
今の色も、とても気に入っています。



f0338156_23100646.jpg



ランブラーローズ(R)とは、
オールドローズの系統のひとつなんですが、
つる性で、ノイバラの血をひくため、
柔らかな枝でしなやかに伸び、花も多くつきますね。
匍匐(ほふく)させるのに
最適の品種で、枝垂れさせると見事です。
小さなお花がたくさん咲いて美しいです。
‘オルブライトン’のお花が
他のイングリッシュと比べて
小さめ(5cmくらい)なのも、
きっとこの系統なのだからでしょう。。。
香りは、柔らかなムスク香。
ほのかに香ります。
控えめで、でも存在感のある
素敵な薔薇だと思います。

輸入苗だからか、
株が、なかなか大きくなりませんが、
ゆっくりと伸びていっています。
そういうマイペースなところも
この薔薇らしくて、いいかなぁって。。笑



[PR]
by larosebleue | 2017-05-19 23:17 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)

薔薇の冬支度のため、
花やつぼみをカットしていますが、
うっかり切り忘れた薔薇がちらほら、、、
忙しくて忘れていたら、
今頃咲いていました。
イングリッシュローズの
‘スピリット・オブ・フリーダム’。



f0338156_23265860.jpg




あらら、、、完全に下向き(笑)



f0338156_23271590.jpg





ちょっと俯いてますが
仲よく並んで二輪。
下からパチリ☆
可愛らしかったので、写真を撮り、
そのままにしておきました。笑

薔薇の花がなくなる冬。
なんだか切れなくて、、、苦笑
(↑ 未練がましい、、、)



[PR]
by larosebleue | 2017-01-11 20:21 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)

冬の‘マルガリータ’

やっと薔薇の手入れをしに
庭に出てきましたよ~!(^^)!
庭をぐるりと見回り、
花の終わった薔薇をカットしていたら
白いアーチに一輪だけ、、
‘クラウン・プリンセス・マルガリータ’。。。

思えば、2014年4月
この薔薇の写真から、
ブログは始まったのでした。。。
記念すべき第一号です。笑

でもね、冬なので、小さいし色も薄い、、
長いこと咲いてたのか、
ちょっとくたびれていますが、
頑張って咲いてくれたお礼に
今日のブログに登場してもらいましょう~笑

じゃん!
一月の‘マルガリータ’
この薔薇好きだなぁ。。



f0338156_20474880.jpg




花びらのくしゅくしゅ感が
たまらなく好きだったりして。笑



f0338156_20500655.jpg


[PR]
by larosebleue | 2017-01-04 06:46 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)

どうしてもうつむく薔薇

とっても美人さんなのに、、
香りも素晴らしいのに、、、
うっとりするくらい雰囲気もいいのに、、、

なんて、
『なのに、、、』
ばっかりの薔薇があります。。。



f0338156_17585625.jpg


じゃん!
‘ジュビリー・セレブレーション’です。。笑

イギリスの薔薇で、
デビッド・オースチン作出。
グループは、リアンダー。
今、北の庭で咲き始めています。

このジュビリー、
どうしても、下向きに俯く(うつむく)んです。。
上を向いてくれたら、どんなに嬉しいか、、、
だから、写真も
地面すれすれで、膝をついて撮影。。。☆

花首が柔らかく華奢なので、
きっと花の重みに耐えられないんでしょうね。笑


f0338156_17571981.jpg



でも、とても素敵なイングリッシュローズです。
見ためよりずっと丈夫なので、
育てやすく、
地植えでも鉢植えでもOKだと思います。
(ちなみに我が家はずっと鉢植え☆彡)




[PR]
by larosebleue | 2016-10-20 20:11 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)

秋の‘ボスコベル’

イギリスの薔薇、
イングリッシュローズです。
2012年発表で、グループはリアンダー。
サーモンカラーの不思議な色合いを持つ
美しい薔薇です。


f0338156_20105435.jpg



北の庭で咲き始めたので、カット☆
フラワーベースにいけてみました。

お花の数は春より少なく、
ぽつりぽつり、、寂しいけど、、、

でもね…
私は、秋の‘ボスコベル’の方が
断然好き♡
色が深くて、じ~っと見てると
吸い込まれそうな感じ。。笑

どうしたら、こんな色が出るんだろう。。。
不思議だなぁ・・・



f0338156_20234267.jpg



魅力的な‘ボスコベル’
春より、かなり小さめですが、
この薔薇らしい雰囲気が
出ていると思います。。。



[PR]
by larosebleue | 2016-10-17 20:33 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)

今年の秋薔薇は

去年の秋に咲いていた
イングリッシュローズです。
今年はさて、どうかなぁ。。。

‘ジ・アレンウィック・ローズ’
ラズベリーの混ざるオールドローズ香で、
お気に入りの薔薇のひとつ。
ERで、カップ咲きのピンクの薔薇では、
これが一番好きです。



f0338156_22234544.jpg




今年は、あまりお世話ができてないから、
期待できないかも、、

秋、こんな風に咲いてくれたらうれしいなぁ♡





[PR]
by larosebleue | 2016-10-12 22:35 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(0)

薔薇の香りには、いろいろあります。
ティー香といって、紅茶のような香りや
フルーツ香といわれる甘いフルーツの香り。
ムスク香と呼ばれる麝香(じゃこう)のような香り。
オールドローズ香というのは、オールドローズに多い香り。
原種の薔薇もこの香りを持ち、もっとも薔薇らしい香りですよね。
また、ミルラ(没薬=もつやく)香といって
イングリッシュローズ独特の香りもあります。
まだまだ、ほかにも香りはいろいろあるんですが、
香りは、薔薇をさらに魅力的にしているように思えます。

画像は、今年4月の‘アンブリッジ・ローズ’。
これから咲き始める時期です。



f0338156_22333486.jpg





この‘アンブリッジ・ローズ’は、
典型的なミルラ香を持つイングリッシュローズ。
香りが強く、特に湿度が高いと、
むせ返るような香りに、
クラクラしてしまいそうな時があります。笑
香りが独特だから、
この香りはダメ、、って方も多いかも、、、苦笑
株は、直立性。
気難しくなく、育てやすいし、
真っすぐに伸び、鉢でもよく育つので
イングリッシュの中でも、特にお薦めの薔薇です。。






[PR]
by larosebleue | 2016-09-30 23:05 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)

‘セント・セシリア’
1987年発表の
イングリッシュローズです。


f0338156_23111019.jpg



植えている場所は、北の庭です。
やや日陰気味のシェードガーデン。
ちょうど、
フレンチローズの‘ビアンヴニュ’の前にあり、
華やかな薔薇の陰に隠れながら、
ひっそりと花を咲かせています。
この薔薇は、あまり大きくならない品種なので、
花壇の前~真ん中の方に植えています。

色は、アプリコットピンク。
香りは、ミルラの強香。
(ミルラ好きにはたまりませんね、笑)
穏やかな女性をイメージさせる
優しい雰囲気の薔薇です。
派手に咲くのではなく、
こうして、静かに咲いているのが
この薔薇らしい。。。(と思う)




[PR]
by larosebleue | 2016-08-22 23:18 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(2)