‘ウォラトン・オールド・ホール’が開花

イングリッシュローズが続きます。
‘ウォラトン・オールド・ホール’です。

f0338156_10045968.jpg


2011年/イギリス/デビッド・オースチン作出
イングリッシュ・ムスクグループ
ハンドブックでは、最も香り高い品種と紹介されている薔薇です。
香りは、強いミルラ香。(大好きな香りです)
またまた…また(もういいって)
クラクラしてしまいました。
もう酔ってますね、完全に(笑)
ミルラの香り、最高です。

系統はシュラブ、樹形もシュラブ。
ゆったり咲いています。

少し離れて見てみましょう。

f0338156_10170206.jpg


花が重たいのか、またはステムが柔らかいのか、
全体的にどさっと傾いたので、
支柱を立てて、どっこいしょ!と起こしました。(やれやれ…汗)

f0338156_10185679.jpg


この薔薇も、シュートの発生が良好な品種です。
次々、出てきそうですね。

‘ウォラトン・オールド・ホール’
英国シュロップシャー州にある美しいプライベートガーデンの名まえです。
イングリッシュローズがたくさん植えられているそうですよ。
一度、訪れてみたいものです。


[PR]
Commented by mikarose at 2015-05-06 21:35
こちらにもやってきました。
ウォラトン・オールド・ホール 欲しいんです。
the english rose ってお色、形ですよね。

でもね、庭中大体同じようなお色のバラばかり。
それにスペース的にも、どれかを処分しないと植えられないので思案中です。
花持ちはいいですか?
同じようなお色のシェファーデスが花持ち2日という脅威の
花持ちの悪さ。
増やさないで、こちらで見せていただこうかな~。
Commented by larosebleue at 2015-05-06 22:08
✿mikaroseさん✿
花もちですか???
そうですね~
アンブリッジと同じくらいでしょうか^^
すごく早いなぁという感じは、今のところなく、
二日はクリアしていると思いますが。。。
すべての花が、ほぼ下を向くので、写真撮影が大変です。
地面に這いつくばらないと、下の方の花は写せませんね~
支柱がないと、全体が傾くので、
支柱がなくても立っているアンブリッジのほうが、
お世話が楽です。
綺麗なカップ咲き(mikaさん大好きかも!)
なのに、惜しい!
ミルラの香りも、アンブリッジに軍配あり。
Commented by ho-joan at 2015-05-07 11:27
こんにちは♪

優しい色の薔薇!
素敵ですねぇ~

いったいどのくらいの種類があるのですか?
まめにお手入れしないと色んな薔薇が、こんなに素敵に咲かないですよね
素晴らしいですね!       ぶりん
Commented by larosebleue at 2015-05-07 16:41
✿ぶりんさん✿
こんにちは!
以前は苦手意識のあったイングリッシュローズですが、
最近、ちょっとはまり出し、また少しづつですが
増やしています。
やはりこの優しい雰囲気は、たまりませんね~笑
すべての薔薇(ミニも含めて)100本以上はあると思います。
イングリッシュとフレンチで大半を占めている庭です。
お近くだったら、ぶりんさんといろいろお話したいですね~
そうそう!今年、国バラへ行けそうです♪
久々の大好きな関東。ワクワクしています(^^)/
by larosebleue | 2015-05-06 19:44 | デビッド・オースチン(イギリス) | Comments(4)