ソフトピンチします

こんな風に、わさわさと新しい葉が出てきて…

f0338156_17594175.jpg


株元を見ると…
まあ、ベーサルシュート!

f0338156_18014268.jpg


こちらは、サイドシュート!
(赤いのがそうですね)

f0338156_18024515.jpg


今の時期は、ソフトピンチ(摘芯)をして、
株を充実させましょう。
(まだ咲かなくていいよ~
もっと力を蓄えてからね~という感じです)

えいっ、折っちゃいました…笑
ポキン!

f0338156_18034177.jpg


こちらも、えいっ
ポキン!

f0338156_18050260.jpg


もったいないですが、柔らかいので、次々ポキポキやってます…笑
(画像は2本ですが、実際はもっと折ってます)

f0338156_18071262.jpg



つぼみが、まだ小さい小豆くらいの大きさの今の時期。。。

ハサミを使わなくても大丈夫です。
手で、軽く折ってしまいましょう~(だからソフトピンチ☆)

ソフトピンチした枝は、ピンチしなかった枝より、少し開花が遅れますが、
その分、根に養分が行き、しっかりした株に育ちます。
なので、思い切ってポキンとやってしまいましょう~笑

毎年、この時期にしている大事な作業のひとつです^^
(つぼみがもったいないけど、、、しょうがないかな!)




[PR]
Commented by ラム at 2015-04-14 23:49 x
えぇ~!Σ( ̄□ ̄;)
そんな大胆にですか(≧▽≦)
どうしましょう(笑)
フロリバンダ、HT、つるバラ・・
どの芽をピンチしたらいいのか・・
隣でご指導していただきたいとこです(*^^*)
Commented by larosebleue at 2015-04-15 07:47
✿ラムさん✿
おはようございます!
ソフトピンチですが、株元から出てくるシュートは
なるべくした方が、その後の株がしっかりすると思います。
大切な次の枝になる部分ですから、しっかり育ててあげましょう。
(新苗は特に)
すべてのつぼみを取るわけではありません^^
花を咲かせる作業は、薔薇にとってすごいエネルギーを使うらしく、取ってあげると負担が減るようです(^^ゞ
私も少し取りつつ、残しつつ…楽しみます(^^)/
Commented by mme rose at 2015-04-15 10:50 x
la roseさん

薔薇栽培も長くなってきますと 薔薇の花自体は栽培の結果で、シュートをいかに出す事ができるかが興味あることになります。
でもERなどは せめて2−3年の間にシュート発生がないと 
 その後はなかなか望めないように思います。そのシュートを大切に育て、古いステムとの交替で 薔薇は結構長いこと、株を楽しめると思います。(自分なりに仕立てていくことができますね)
今年お迎えした輸入苗(裸苗)は ほとんどがブラインドで
ピンチしました。そう、花をつけるということは女性が出産するように体力をつかうことなので、まずは株を育てる意味では
一年目の春は蕾のピンチも有効でしょうね!
Commented by larosebleue at 2015-04-15 17:26
✿mme roseさん✿
お返事が遅くなってしまって、すみません…^^
イングリッシュですが、今年、我が家の庭では
ブラインドは、今のところ見られませんでした。
(今後どうなるか、分かりませんが…)
すべての枝先に小さいながら、つぼみをつけ、
去年と比べると、調子がいいと思います。。
我が家のERは、鉢植えが多く、大きめの鉢で育てています。
水やりのタイミングに気をつけながら、様子を見ていますが、
ヒースクリフやスピリットオブフリーダムなどは
サイドシュートをよく出しています。
上に向かって伸びるシュートの光景は、なんだかこちらまで
元気が出るようで、嬉しくなりますね。
でも…
あれこれ、薔薇によいことをしているつもりでも、
今日、一本大事な薔薇を失いました。。。(T_T)
フレンチローズですが、生育が今年悪くて、土替えの時は
元気だったのに、癌腫にかかっていました。
洗って切り落としましたが、根の中まで複雑に感染していて、
残念ながら、再起不能と判断し、処分しました。
三年苗を買って、三年育てたものなので、2m近くあり、
もう立派な成木でしたが、癌腫には勝てなかったようです。。。
癌腫は、感染部分を切り取って木酢液につければ、
今までは大丈夫だったのですが、今回は主根も傷つけたり、
あちこちボロボロでした。。。
悲しいお別れになってしまいました。。残念ながら…泣
Commented by mme rose at 2015-04-15 20:28 x
la roseさん


私も今日は悲しい、同じ想いでした! (ブログに掲載しました)
冬の元肥入れ作業の時はわからず 最近になって 枯れ込んでいるのを発見、、、クラウンについている癌腫でしたら 表面に現れてきますし、そんなこともなかったので発見が遅れました。
冬の元肥入れ作業でも根の状態はほぼわかるのですが、
今回は気づきませんでしたね。
ガゼボの元で ほかにも植物の間になっていましたので 日陰がちなのもいけなかったのかしら?
とにかく回復の見込みなしでしたから抜いたという訳です。
15年も良く咲いてくれましたので 御礼を言ってお別れしました!
Commented by larosebleue at 2015-04-15 21:31
✿mme roseさん✿
こんばんは。。
薔薇を処分することはとっても辛いことで、
今まで何度も経験してきましたが、いろいろ思い出もあり、
悲しいことです。
今、元気な薔薇たちも、急に調子が悪くなる時があるし、
その覚悟はいつでもしておかねばいけないと思います。
病気以外で、台風や害虫で、折れたり、枯れてしまう時もありますね。(徳島は台風の通り道なんですよ~もう)
今の一番美しい瞬間を大事にしたいですね。
私たちに出来ることは、その姿を見てあげることかもしれません。(写真に残したり、ブログで残せますね)
by larosebleue | 2015-04-14 19:31 | 薔薇のお手入れ | Comments(6)