メイアンの‘ドリフト’シリーズ



フランスのメイアン作出、小型のバラの‘ドリフト’シリーズを紹介しましょう~!(^^)!


f0338156_17331484.jpg




こちらは、‘アプリコットドリフト’。
2009年/フランス/メイアン作出。
ドリフトシリーズ。


花色は、優しいアプリコット~サーモンピンク。
花形は、丸弁八重房咲き。
中心は、ボタンアイになります。
花弁数は、40枚。
香りは、微香なので、あまりありません。
こんもりとよく茂り、高い所に置くと、下に垂れてきて、いい感じ。。。


f0338156_17341125.jpg






ドリフトシリーズは、いくつかありますが、私はこの‘アプリコット’が一番好き♡
とても可愛い~。





つづいて、‘ピーチドリフト’。
2006年/フランス/メイアン作出。
花形は、丸弁半八重咲き。
香りは、微香。



f0338156_17343605.jpg





同じシリーズなのに、ずいぶん雰囲気が違いますね。
こちらは、あまり花もちが良くなく、開いたなと思ったら、すぐに散ってしまいます。

あと、

‘スウィートドリフト’(2009年作出。八重咲きで、花弁数は75枚と一番多い)
‘レッドドリフト’(2004年作出。こちらは一重です。スカーレット赤という鮮やかな赤色です)
‘ピンクドリフト’(2006年作出。こちらも一重。ピンク色)

などなど、ドリフトシリーズには、いくつか種類があるのです。

我が家には、‘アプリコット’と‘ピーチ’しかありませんが、
この薔薇の全体の特徴としては、とにかく強いということ。(強健種)
こんもりまとまるので、鉢植えにも向いているということ。
ドリフトの中には、矮性のものもあり、(えっと、どれだったかな…レッドだったような)
花壇の前列向きの背の低いものもありますよ。

また、病気に対して、かなりの耐性があります。(黒点病に強いのです)

世界のコンテストで、多数の賞をもらったドリフトシリーズ。

メイアンのミニバラの中では、超お薦め品種になりますよ~
お試しくださいませ~(^-^)






[PR]
Commented by wjmtmc at 2014-06-03 22:49
こんばんは(^^)/
我が家は京成バラ園のお膝元なので、メイアン社のバラは
馴染みがありますが、ドリフトシリーズって言うんですね、
初めて知りました、可愛いバラですね♪
うちでは、メイアン社のミニバラはテディベアーとチョコフィオーレを育てています。
ミニバラはコンパクトだけど丈夫だし、なかなか素敵ですよね♡
Commented by larosebleue at 2014-06-03 23:20
京成バラ園、いつか行けるかな~八千代市でしたっけ?
行ってみたいバラ園のひとつなのです。
近くなんてすごく羨ましい~
四国には、あまりバラ園がないのです(悲)
テディベア小さくて可愛いですよね~茶色のバラって珍しい!
バラはほんと奥が深いですね~
だから、いつまでも追い求めることができるのですね☆
明日、イングリッシュローズの講習会が近くであって、
オースチン社日本代理店の方が講習に来られるんです。
行ってきます♡
いいお話が聞けそうなのです(^-^)
by larosebleue | 2014-06-03 18:01 | メイアン(フランス) | Comments(2)